ちゃんとモト

「福田素子」は「幹」と「モト」夫婦二人のペンネーム。 ここは二人で管理するブログです。
マンガ絵日記、趣味のイラスト、ねこ話、もちろん仕事のお話も。

1月配信開始のLove Silky Vol.61でスタートした
川原泉&福田素子のエッセイコミック
「デジタル原始人☆川原泉」ですが
2月配信スタートのLove Silky Vol.62には
載っておりません。

で、わたくし福田がそのいきさつなぞこちらに。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
川原泉は燃えていた(文章中の敬称略させていただきます)


まずは今回の仕事に関していえば
スタート時から川原泉は無謀なやる気を燃やしていまして
二話目においてもその通り「やるよ!私は描くよ!」と
燃えていました。


しかし、前回のアップ後のへろへろ度合いと
デジタルというツールと信じられない戦い方をする川原泉に、あまり燃えすぎると作品が仕上がる前に真っ白な灰になるのでは…と不安になった福田は「無理しないで、しんどかったらお休みもらうのもアリだよ」とやんわり「休んでいいよ」と言ったのですが、その時の返事が
17

でした。


やー、悪かったなぁ…とか思いつつ日は過ぎ

進捗の連絡などを入れてみると

「ごめん…進んでない…」というへろへろな声

作業で困ったことでもあったかなと話を続けていたら

途中「ゲホッ」「ゲホゲホゲホッ」と咳き込むじゃないですか


「ちょ、風邪?!薬は?お医者さんは行ったの?」と聞けば


「だいじょぶ、だいじょぶ、常備薬の風邪薬飲んだからだいじょぶ」


「ほんとに?数日経っても良くならなかったら病院行ってね」と言ってその後は雑談して終了。

さらに数日経過して、なんの音沙汰ないまま〆切り迫るので連絡~


「薬飲んだら眠くなるんだよね。耐えきれなくて寝て、しんどくて薬飲んだら眠くなってさー」

44

「だいじょうぶだよ!」と大きな声で訴える川原泉


「前に風邪っぽいって言ってから10日以上経つよね?

そういうの大丈夫って言わないんだって💢」


「でも…病院行きたくない」(川原)


「子どもかっ!

私も去年風邪から咳が残って軽い喘息っぽいことになって、市販薬で治らなくて病院行ったらすぐ治ったんだよ。年取ったらそういうの気をつけないとさ…」

と、おせっかいモードに入る福田でありましたが


それに返す川原泉の言葉は

そういえば「年寄り」ってさ、いつからなのかな?

『今日からあなたは年寄りです』って言われたら「そうか、だったら気をつけよう」って思えるのにさ、すごくわかりにくいよね(プンスカ!)」と注意ポイントをまるでスルーした返事で、なにかに軽く怒ってる。


「そう思わない?」と共感を求められ

思わず福田

02

注・川原泉と福田はほぼ同い年である


「………ああそうですね…

………わかったよ…おかあさん…」クッ…!と川原泉

(「おかあさん」と言うことで「おかあさんなんだから文句言うのは仕方ない」という気分になり気持ちが落ち着くらしい)


そんな会話があった後、川原泉、本格的にダウンしました。


そんなこんなで二話目は製作途中で「作者急病のため休載」みたいな結果になりましたが、正しくは「急病でなく長引く不調」でした。


そして、先日した3話目の打ち合わせの時

「ブログを書くから風邪っぴきの自画像を描いてね」という福田の依頼に川原泉が描いた自画像がこちら。
36

この絵、描き終わってしばらく考えていた川原泉が「描き直す!」と言ってガリガリと描き直した箇所は…「鼻水の位置」でした。最初は鼻水が唇の上までだったのですが「唇を越えた方があの時の風邪の様子を伝えられると思う」と言う満足そうな川原泉の顔。


とまれ、今は風邪も治り、疲労からも脱却してずいぶん復調して、制作しております。

「おもしろかったよ」と言ってくださった皆様

3月の配信の時までしばしお待ちくださいませ\(^o^)/


おまけ

18
本家画の火星人(風邪っぴきバージョン)
53

ブログランキングに参加しています。よろしくおねがいします。

↑クリック↑
ブログランキングならblogram
↑クリック↑
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
↑クリック↑
↓ こちらもよろしくお願いします。↓
このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

「大富豪は約束の館で恋におちる」のコミックスが2月21日発売になります。

4Gr44GK44Gh44KLX+abuOW9sS5qcGc
「若くして事業を成功させたイアンのもとに、絶縁していた父から遺産と以前住んでいた館が引き継がれた。しかし、館には父の愛人と噂されている美しい女性のエマが住んでいたー(作品解説より)」
amazon→「大富豪は約束の館で恋におちる」

オリジナルロマンス作品です。元気過ぎるヒロインががんばることが多いので、少し大人な雰囲気を目指して描いてみました。が、やはりどこか根っこが元気だなぁと(笑)
作中にある小さな謎。解けた時にヒロインたちと一緒に幸せな気持ちになっていただければと思います。

ロマンス物のお仕事は年に一作とかであまり多くはないのですが
気がつけば単行本や電子書籍になったものが今作入れて8タイトルになっていてびっくり。

単行本が絶版になっていても全て電子書籍で読ます。タイトルを並べてみましたので「読んでみようかな」と思われたら各電子書店さんで検索していただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。(下記のタイトルにはKindleのアドレスを貼っておきます)

ふくだもとこ名義のロマンス作品
27

「プリンスはイミテーション・ローズを愛でる」宙出版ハーモニィコミックス

18

「魔法使いの願い事」ミランダ・E・ファロン原作・秋水社

49

「ティンカーベルは王子を惑わす」ミランダ・E・ファロン原作・秋水社

福田素子名義のロマンス作品

04

「シークは恋を知らない」宙出版ハーモニィコミックス

48

「侯爵と眠れる森の美女」バーバラ・カートランド原作・宙出版ハーモニィコミックス

33

「公爵と三人の花嫁」バーバラ・カートランド原作・宙出版ハーモニィコミックス

04

「公爵に恋の罠を」バーバラ・カートランド原作・宙出版ハーモニィコミックス


ブログランキングに参加しています。よろしくおねがいします。

↑クリック↑
ブログランキングならblogram
↑クリック↑
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
↑クリック↑
↓ こちらもよろしくお願いします。↓
このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

1月22日~26日まで開催していただいた
町田市の手づくり文具雑貨工房さん(@tezukuribungu)での原画展

原画展の記事は→こちら

期間中の雪のアクシデントのためアクセスも悪く残念だったからと、店主さんが延長してくださることになりました。

手づくり文具雑貨工房さんは文具屋さんですが、リングノートや一筆箋などオリジナルグッズも作るお仕事なさっています。そしてリングノート制作のワークショップなどでイベントに参加されたり。なのでもし原画展を…と思ってくださる方は、行く日が分かればお休みでないかお問い合わせくださると確実です。
手づくり文具雑貨工房さんのHPこちら

期間延長と伺ったので、展示兼頒布の額入りタマ絵(複製)

一種類1つでおあずけしています。(税込み800円です)
タマ漫画の小冊子も少しだけ(ポスカ付き500円です)

もし見て連れて帰りたいタマがいたらこの機会に(笑)


IMG_4166
IMG_5203-COLLAGE
今回、「福田さんを知ってもらいたい」と言ってくださる店主さんのお気持ちがほんとうにありがたく夫共々、感謝しています。

このお気持ちに応えたい~(><)

ええっと…

町田市の付近でタイミングの合いそうな方、ぜひお立ち寄りください!
期間は2月25日まで延長してくださるそうです!
手づくり文具雑貨工房・チラシ

ブログランキングに参加しています。よろしくおねがいします。

↑クリック↑
ブログランキングならblogram
↑クリック↑
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
↑クリック↑
↓ こちらもよろしくお願いします。↓
このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

1月22日から26日まで
東京は町田市にある「手づくり文具雑貨工房」@tezukuribungu )さんで
原画を展示していただくことになりました。

手づくり文具雑貨工房・チラシ

手づくり文具雑貨工房の店主さんとtwitterをきっかけでやり取りするようになって一年とちょっと。「いつかうちで福田さんの個展とかやれたらいいですね」と言う話が出た時に「そんな機会があれば声かけてください~」とお返事。そんな言葉をいただけるだけでもありがたいなぁと思っていたのですが、今回「そんな機会」がありました。


さらに加えて1月に「手づくり文具雑貨工房」さんに地元中学生の方が職業体験にみえるということで「その時期になにかできないか」というお話を聞いたところから「じゃあ展示からなにからその生徒さんたちにおまかせしましょう!」とお願いしたら「それいいですね!」ということに(^^)


うちも地元でけっこう長いこと職業体験(職場体験)の受け入れをしていたし、マンガ教室には学生さんも多いので、中学生という年齢は「けっこうやれる」と確信ありです。


先日、その生徒さんたちと電話でお話させてもらいました。

「思うようにやってください。人が見て楽しい、手に取りたいと思うような展示を期待しています。中学生は子どもと言われるかもしれないけれど、やろうと思ったらやれること多いですから。」と言うと「精いっぱいがんばります!」という頼もしいお返事いただきました。元気にその返事が出ただけで「勝ったも同然」(•̀•́)وですよ。


手づくり文具雑貨工房さんでのあったか手づくりの展示会。

お店の一区画を使っての小さな展示会となります。
楽しんでいただけると幸いです。

お近くの方、ぜひお立ち寄りください。

そして展示とかわいい店員さんの仕事っぷりを来てください。


展示内容、こんな(^^)

*「空への手紙」第一話 生原稿をファイルに入れてまるっと読めるようにしたもの。

*「続・橘屋繁盛記」「新・コドモのお医者」「きりんが丘のココロ屋」の生原稿を数枚ずつピックアップしたものと、水彩のカラー絵を数枚。

頒布(展示兼ねて)

*かぎしっぽのタマの小さな額入りカード

頒布

*「タマたま猫生活・2」

ブログランキングに参加しています。よろしくおねがいします。

↑クリック↑
ブログランキングならblogram
↑クリック↑
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
↑クリック↑
↓ こちらもよろしくお願いします。↓
このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

うちがマンガ教室を始めて10年を越えました。

【毎週土曜日 午後1時から7時まで 一回500円

手ぶらでOK。画材は用意しています。

出入り自由、好きな時間に好きなだけお絵かきを♫】

マンガ教室告知
下は保育園年齢の方から上は80代越えの方まで

教室の目的は「楽しくお絵かき」これが一番にあります。


来てお絵かきするも良し

マンガを描くも良し

絵について語るも良し


「来たい時に自由にいつでも」なので

ほんの一人二人の日もあれば

ぎゅっとたくさんの日もあって


やりたいことや質問があれば応えるし

問われなければ一緒にお絵かき
そんなこんなで10年です。


ところで、土曜日のマンガ教室とは別にマンガ描く人の相談とかにも乗っています。


「マンガを描いているけど、お話作りで相談したいことがあったり

ネームや作品を見て欲しいけど、土曜日に時間が取れない」

と相談されることもありまして、

その場合「タイミングが合えば見るよ~」という対応しております。

(そもそもマンガ教室を開く前はその対応しかできなかったんですが)


でも、そのことは、問い合わせしてきた人や

教室に来て「仕事で土曜日の休みがなかなか取れない」と言う人などに

伝えるだけだったな…と


で、年も明け、夫と今年の豊富というかいろんなことを話していて

このことをネットでも告知しておこうかということになりました。


ネーム見て欲しいとか

つっかかっているのでアドバイスが欲しいとか

でもどうしても都合がつかず教室に行けない
土曜日まで待てない

そういう方はHPのお問い合わせメールなどからご連絡ください。

twitterのDMからでもOKです。


ちなみにこのマンガ教室番外編(勝手に命名)お金とかいただいてません。

お代は相談される方の熱意で(•̀•́)و

ブログランキングに参加しています。よろしくおねがいします。

↑クリック↑
ブログランキングならblogram
↑クリック↑
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
↑クリック↑
↓ こちらもよろしくお願いします。↓
このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

あけましておめでとうございます。
IMG_1864
ebookjapanさんでやっていたただいている「デビュー30周年記念特集」ですが1月9日までです。よろしければ記事だけでも読んでいただけるとうれしいです。インタビューに答えながら、自分ちの長期連載の引っ越し率の高さに驚きました。

雑誌またがってとかもだけど出版社越えてのやつもけっこうあって、改めて考えたらこれホントにタイミングや巡り合い的にすごいことだなぁとしみじみ。あとね、連載が最終回ないまま終わったものもけっこうあることも(笑)でも読み切り連載だったから多分読者さんたちには「これのオチは?」というもやっとは届けないで済んではいると思えることだけは幸い。

そして、もっとすごいのは、発表作品のほとんどがコミックスになっていないという事実(笑)それでありながらこの期間描かせていただけているというのは、読者さんがアンケートはがき出してくれたりコメントを書いてくれていたり…編集さんからコメントが多いとは言われていました。(でも転送してもらえないことほとんど…涙)そんなわけで壁打ちな気分だったりすることもあったりもしたんですが、今はこうして描き続けることができているその事実が、声は聞こえないけど応援してくれている人がいるってことなんだ思っています。

そんな中でサイトにコミックスの問い合わせなどあると「申し訳ない…読みたいと言う人がいるのに…」と思うことも多く「コミックスは出せなくても読める形にできないかなぁ」という気持ちが高まって夫とあれこれ話した結果「自分ちで電子書籍化しよう」と思ったのが十年近く前(?)そこから試行錯誤して少しずつリリースできるようになったのがここ近年です。出版社さんから電子書籍化していただけるものが出てきたのもここちょっと。でもまだまだ電子書籍化できていない作品の方が多いので、この作業も引き続き進めていきたいと思っています。

今回はそうやって作ってきた電子書籍も増えてきたのでebookjapanさんで企画していただけたわけで、ほんとうにありがたいことだなと。そういうわけで、普段になく告知をさせていただいています。
それに対してのコメントやRTやシェアなどをしていただいて、かなりうるうるしています。

特集いただいたこともあり30年を1つの区切りとして
同時に1つのスタートと思って描いていきたいと思います。
相変わらず、エッセイ、コメディ、ほんわか系、猫マンガ、ロマンス、医療物…などなど描かせていただけそうなので、お好みに合う作品があれば読んでやってください。
今後ともよろしくお願いいたします。

福田素子「漫画家デビュー30周年記念特集」こちら

ちなみにうちのHPに2015年の6月までに描いた作品リストアップしています。ふくだもとこHPのこの画像のところからリストが見れます。

08
(その後の作品はリストには載っていませんが、おかげさまでいろいろと描かせていただいております)

ブログランキングに参加しています。よろしくおねがいします。

↑クリック↑
ブログランキングならblogram
↑クリック↑
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
↑クリック↑
↓ こちらもよろしくお願いします。↓
このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

つらつら長文ですみませんが…
もうじき今年が終わります。

「あっというの一年なのに今年を振り返ると二年分くらいあったよ」と夫に言ったら「なんじゃそりゃ」と返されました。でもホントにそんな感じ。

IMG_5622
リアルにお会いする方たちには言ってるんですけど、去年(2016年)は自分として体調最悪で(五十肩に更年期障害)物理的にもメンタル的にもけっこうまいって「マンガ描けなくなったらどうしよう…」という不安というより怖さに近いものを感じた年だったのです。その関係でいろいろと自分の棚卸しなんかして、オチとして夫の言った「マンガ描けなくなっても、なにができなくなっても、あんたはあんたで、できることをやればいいじゃん。マンガ描けなくなったら別の食べていくことを考えようや」でふっきれました。


幸いにもいろいろとケアした結果、諸症状は落ち着いてきて今年2017年のスタートでした。正直、仕事の予定が思うように立たないことと実家の片付けという問題で、これまたひとしきり考えたんですが、お家会議にて「仕事がとか資金がとか人がどう思うかとか、そういったいろんなことは一旦置いてとりあえずどうしたいかというとこから考えてみなさいよ」と投げられ前年からの棚卸しが終わっていないことに気がつく。


で、まあ、その結果が「オープンアトリエ」を開くことになったわけですが、加えて思ったこととして、いろいろと思うようにならないことばかりだとして仕事もプライベートも気持ちに従って動くことならできるんじゃね?ということ。


うん、できる。「自分の気持ち」が行きたい方を自分は知ることができるからね。でもこれけっこう簡単じゃないですわ(笑)だって今までは「こうした方がいい」が「自分がこうしたい」より優先でしたから。正直言ってドキドキでした。ずっと夫から「自分がやりたいを優先しなさいよ」と言われながら「でもそんなわけにいかないのよ!」と返していた私ですし(苦笑)できもしないのに「いい子」を目指すチキン…


だからがんばってみました

ええ、もう勇気いりますけど!(•̀•́)


それで年の終わりを迎えて今、順風満帆とは言えないけど、その難儀さ込みでたいへん満足であります。


そんなわがままに過ごす私に、神様はたくさんの出逢いを下さって

思いがけない出来事もパタパタとやってきて(デビュー30周年記念特集とかやっていただけるなんて想像していなかったです→ブログ記事


一年の中で「ありがたとうございます」を何度言ったか思ったか。

ありがとうに満ちている…なんと贅沢な。


そんなわけで、一年ありがとうございます。

そして新しい年もどうかよろしくお願いいたします。

ブログランキングに参加しています。よろしくおねがいします。

↑クリック↑
ブログランキングならblogram
↑クリック↑
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
↑クリック↑
↓ こちらもよろしくお願いします。↓
このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

ebook japanさんにて「福田素子・デビュー30周年記念特集」
を組んでいただきました。
思いがけない企画を組んでいただいてよろこびでいっぱいです。
お話うかがった時は驚いて実はちょっと本気にしていなくて
「お言葉だけでうれしいです」と思ってしまいました…(^^;)

デビューしてからこっち、一作仕上げるごとに「次の仕事があるかな」と考えて、せっせと企画出す日々。一年過ぎたら「来年も描いていけるかな」てなことを思いつつもらったお仕事せっせと描いて、企画出して営業して、仕事もらって、せっせと描いて…で気がつけば30年ほど経っていました。

記念インタビューの質問の中に「30年続けてこれたコツはありますか?」というのがあるのですが、ここ、ちゃんと言葉にできたのこれが初めてかもしれないです。
他にもいくつかの作品についてコメントさせてもらいました。

記念にどうか読んでやってくださいまし(笑)

それから27タイトルが記念キャンペーンで50%オフになっています。
もしご興味ある作品がありましたらこの機会にぜひ。

せっかく特集を組んでいただいたので
沢山の方にアクセスしていただけるとうれしいです。

これからまだまだ描いていこうと思っているので
どうか今後ともよろしくお願いいたします\(^o^)/
特集の期間は2017年12月21日(木)〜2018年1月9日(火)です

「30周年記念特集」のページはこちらです

08
ブログランキングに参加しています。よろしくおねがいします。

↑クリック↑
ブログランキングならblogram
↑クリック↑
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
↑クリック↑
↓ こちらもよろしくお願いします。↓
このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

このページのトップヘ