ちゃんとモト

「福田素子」は「幹」と「モト」夫婦二人のペンネーム。 ここは二人で管理するブログです。
マンガ絵日記、趣味のイラスト、ねこ話、もちろん仕事のお話も。

今日はちょっとお仕事のお知らせ記事なぞ
書いてみます(^^)
うちの電子書籍になっている作品で
調べてみたら読み放題対象になっているもの
けっこうありましたのでこちらでお知らせ。

もちろん各ストアさんでの読み放題に入っている方
対象なのですが、もし入会していらしたら
「なに読もうかな~」って時に
読んでいただければ嬉しいです(*^^*)

☆auブックパス読み放題で読める
「福田素子・ふくだもとこ」の作品はこちら

☆Yahoo!ブックストア読み放題で読める
「福田素子・ふくだもとこ」の作品はこちら

読み放題と言えばKindleでもKindle unlimitedで読める
福田素子・ふくだもとこ名義の作品がかなりあるようです。
「ふくだもとこ」で検索いただければ
ここにこんな表示のあるヤツが読み放題の作品です
22
27


電子描き下ろしのロマンス作品も読み放題に入っていました
「ティンカーベルは王子を惑わす」

「魔法使いの願い事」


☆「マンガ図書館Z」で読める福田素子の作品はこちら
「マンガ図書館Z」さんは登録ナシで無料で読めます

☆ふくだもとこのホームページ
無料公開している
作品があります。サイトはこちら

トップのこの部分でジャンル選んでください
12
携帯ではこんな画面だとおもいますがこちらの「ギャラリー」から
24
てな感じで、わかっている分を書いてみました。
もし他に「ここの読み放題にもあったよ」という情報
ありましたら教えていただけるとありがたいです。
こちらの記事に追加していけたらと思います。

実家片付け真っ最中の人

間もなく我が身にかかってきそうという人

楽しいという方滅多いません

もちろん私も

33
実家の片付けでほとんどの人が感じる

面倒臭さってなにかって考えたんですけど


「自分ではない人の価値ある物」を

捨てることで「価値がない物」にしてしまう感
これかなと。


文字にするとなんかすごくひどいって感じません?

それを実行する時によぎる「どうしようもない悪役感」を持たされる
それは相手が生きてても死んでても同じ)

それを引き受けると思うと


…正直すごく面倒臭さいです


でも、始めて途中からハタと気がついたんですよ

「捨てるのは物であって
それにまつわる人の気持ちや価値は
誰にも捨てることができない」
ってこと


続く

「楽に」を基本に進めようと思った実家片付け


意識してではなかったけれど
いつも実家の片付けに着手しようとすると

なにか「片付けは後で」と言ってしまうような
状況になっていたのです


「仕事が立て込んで時間がない」
…ちょうど急ぎの締め切りがない

「体調が悪い」
…更年期障害と50肩が治まってきた

「母親の病院が」
…母はもう虹の橋の向こう

それから、それから…


今回はその「できない理由」が軒並み消えてしまって

あれ?と思ったら目の前に「実家片付けの問題」が立っていました。

35

なんだかその時
「あー
もう逃げるの疲れたなぁ」という心の声が


なんだかね、わけわかんないで逃げていたけど

段々、その正体がわかってきたというか

逃げ切っても楽にならないんだなと


まるで逃亡者のような…

でもホントにそんな気持(苦笑)
だからこの先を楽にするためにやるかぁと

母が亡くなったのは2年前なんですけど

実家片付けの問題はかなり以前からありました。


何度もトライして何度も途中で挫折

理由は様々

そして、夫はなにも文句言わず

片付けなさいとも、どうするのとも


そして今回片付けを言い出した私に夫が言ったこと


「あなたがどうしたいのか

自分が楽になる、楽しい気持ちになれる形を

思えるならやんなさい

それなら協力するから」

「自分が楽になる」


毎度毎度、いろんな理由で中断していたけど

実は「自分がしんどかったから」だって

薄々気がついていたんですけど…

夫から見たら分かりやすかったのかぁ…

なるほど、だから夫はせっつかなかったのか


てわけで、けっこう考えました


「わたし、どうなら気持ち楽なの?」

37

「自分が楽になる」

これが今回の実家片付け、それから続く実家修復

オープンアトリエと繋がる全ての始まりの合図でした
 #実家片付け #オープンアトリエ

先日この実家片付けの件での「諸般の事情」というのを

とある編集さんにお話しする機会があったのですが

軽く引かれました(^^;)


古いおつきあいの編集さんたちは
リアルタイムでその出来事を
知っていたりするので
とりあえずは免疫ができているというか

「マンガよりもマンガですね…」と言われたりは
あったのだけど
…そうか引かれるほどだったのか
…知らなかった
( ̄ω ̄;)エートォ...


でも気がつけば実家は「行かねばならないから行く」
ところで「
できれば行きたくない」場所になっていたのは

そういう記憶と直結だったからなのかなとかここんとこ思います。


(1)で書いた「自分でかけた鎖に鍵」

これを今回開けることにしたのは

閉めっぱなしでいるのもエネルギーがいるってことで

「もういいかぁ」と。

おばちゃん、そこに割くエネルギーがもったいなくなったの


扉を開けたらこんなことになるんじゃないかなんて

漠然とイメージしていたかも↓

35
でもって開けたわけですな…


せーの

 #実家片付け #実家後始末

本格的な実家の片付けに突入して早二ヶ月目
「廃墟化した実家エリアを自力リフォームして
オープンアトリエにするぞ」計画は着々と進んでいます。

十年近く前からこの問題(実家片付け)は目の前にあったのですが
片付けに伴う別の問題があって私としてはずっと
37

こんな気分
もちろん結界を張ったのは私自身

でも今回「えいやっ!」と

その間に出したゴミ(処分した物)は6t近く
(それ以前に少しずつ出したゴミも入れると10t以上になります)
IMG_1344-COLLAGE
今回のゴミ出しの様子の一部・傷んだ家の廃材も多かった…

TwitterやFacebookで時々進捗を流していますが
とりあえず夫工務店のがんばりで
現在こんな感じにー

IMG_1073-COLLAGE
そして、実はこの廃墟化した実家はその前部分が店舗だった建物
だったりします。
09
オープンアトリエにはこの店舗部分も使うことにしていて
現在夫工務店、ここでの展示方法やらで試行錯誤中

でもきっと楽しい場所になるはず!
   …続く

ふくだもとこのTwitter→(@motoofficial

*前の記事→こちら

始まりがあって終わりがある…順番としてはそうだけど

今、実家の片付けをしながら終わりをつけることで
始まるものがあるって感じています。

IMG_1089 (1)
母が亡くなったのが二年前

でも実家が無人になったのはもっと前


何度も片付けようとしたけど

いつも途中でストップかかってたそれが

今回は完全に片付けを完了することができそうです。


片付け始めて出てきた家屋の崩れかけている場所

片付けた後、どうするのかという問題

夫と話して修理改修してオープンアトリエにすることに

正直言って予算など出るはずもなく


「なら俺やるわ」と夫


これが4月の終わりのこと

そこから現在まで本気出してやっています


日々の進捗などTwitter(@motoofficial
お伝えしていますが
今度ブログでまとめて画像載っけて
みようかなと思います

 #実家片付け #自力リフォーム #DIY 

「めちゃコミック」さんから
「15センチの関係~SEXから病まで」配信になりました~

これは去年から半年くらいずっと取り組んで描いていた作品です。

電子描き下ろしでこういう企画が通るとか思ってもみませんでしたが
(思いながらも出すヤツ)思わず機会がもらえたので
楽しく一生懸命描かせていただきました(๑•̀ㅁ•́๑)✧


最終タイトル決まるまで「15センチコミュニケーション」って
タイトルで担当さんとやり取りしていました。


この15センチの関係ってやつ

作中に説明はあるんですけど「パーソナルスペース」の中の
一番短い(近い)距離が(0~15センチ)らしいのです。
これ抱きしめられる距離とか表現されていて、
その関係にある相手ってすごい貴重だよなって思ったのが
タイトルに使おうと思ったきっかけです。

03

主人公の柊二三香(ひいらぎ ふみか)は小さな女性外来を開いていて

診療項目の中にセックスカウセリングも入っているんですね。

で、あまりの童顔のためメガネなんかかけてますが多分ほとんど効果ナシ

そんな二三香の夫の靖也(はるや)は専業主夫

学生時代から「家庭を守って丁寧で豊かな生活を」と専業主夫志願

スペック高いので周囲からは猛反対受けていたのですけど…

12
ハルちゃんの進路 親兄弟の反対を聞かされる二三香
58
思わず…
05
逆プロポーズ?!

幼馴染の二三香とはお互いに人生の良き理解者ということで

早々に結婚するわけです

もう盛大にハグ!いちゃこら!

そしてわかってもらうための努力を重ねてきている二人

47
06

二人は自分たちのものさしでめちゃ幸せなのです。

オトコマエな妻と家事万能のおっとりな夫

この2人のパートナーとしてのあり方と

二三香の病院に来る患者さんのお話しが混ざりながら

パートナーとの対話の必要と女性の病気と身体について
描いた作品です。

一話目は「性交痛」で悩む患者さん に二三香はー
「15センチの関係〜SEXから病まで」
IMG_0735

このページのトップヘ