私ネーム切るのは
シナリオ作ってそのテキストを移してデジタルでネーム切るやり方と
(その後出力して下絵はアナログでしてそれをスキャン。
ペン入れはデジタルで) 
02
プロット作って、紙に直接ネーム切るやり方と作品で分かれるのですが
(この場合、スキャンしてネームに沿ってテキストを打ち
ペン入れはデジタルで) 
55 
紙ネーム、実はけっこう手にきます(^^:)

随分以前に(もう十数年前だ)プロットからネームを
紙で描いていた時、直して直して
切って貼って…てなことをしていたら
ある日すげー手が痛くなって、作画するのに支障出るなと
怖くなったことがありました。
それから一旦シナリオをワープロ打ちして作るやり方に
移行していったのですが、それでかなり負担軽減されました。

そんで十年くらい前からは作業詰めたら目がかすむようになって
下絵の線が見えないとか…ショボショボ…
目といい手といい、ほんっとーに情けないってば。
 
そんな私にデジタルツールはけっこうなお助け。

最近、かなりな作業をデジタル移行しましたら
思わず「おおっ!」

見えづらいところは「拡大」!
セリフ直しも、移動も消しゴムかけナシでできる!

デジタルがいいとかアナログがいいとか好みはあると思いますが
実用として助かっています。
 
「年取ってデジタルは…」とか聞くけど
「年取ったからデジタル」かもと思うここんところ。

ショボショボなお話ですみません(^^;)

ちなみに、アナログ好きー(^0^)
あの手に伝わるガリガリ感とか、スルッと感とか
なので手元にはペン入れ道具いつでも使える状態で
置いております(で、時々描いている)