年中営業しているんで同業の方に営業のことよく聞かれます
だもんでお役に立つかはわからないけど
「うちの場合」という注釈付きでちと書いてみたりして


とりあえず、うちの営業イメージこんな
14
うちの畑で取れた野菜を卸しに行く的な(^^;)

さらに商品について辛辣なコメントいただいた時は
「それはあくまで作品についてであるわけで
私個人についてのものではない」

と了解して謙虚に承る(指摘は心のノートにメモ)

「あんたんとこの野菜 味はいいかもしれないけど
見栄えが悪いよね。そこなんとかしたら考えるから」とか

でもって先方が欲しいものが新鮮な魚介類とかだったりしたら
「間に合っているんだよねー」ということもある的な

「お試しでも」とサンプル置いてくることも

「ちょうどよかった!それ欲しかったんだよ!」って時は
よっしゃ!です。
営業する時「欲しい人のところに持っていく」
これすごく大事、で超難しいポイントであります




そんな感じの福田んちの営業 

んじゃどんな風にして行商に出ているのかとか
地方在住のまま営業する時どうしてんのかとかはこの次に〜