真面目な話の中にコミカルなシーンを入れるのに
「読者が引くから」という理由で変更してねということが
ちょくちょくあります
それもここ近年特に

大変なことがあった時
真面目に誠実に考えて…って大事な要素ではあるとして

それは悩んで悩んで、辛い思いをすることじゃないと思ってて

生きるエネルギーってのか、それはやっぱ
笑いとか希望とかだと思うですよ

そこ通じる方とはそういう作品が生まれるんですけど
そのあたりまったくダメなこともあるわけで

で、最近ね考えちゃうんですけど

ほんっとーにシリアスな展開にコミカルなシーンて
ダメなの?

恋愛にコミカルなシーンてダメなの?

読者さん引くの?

真剣に真面目にって突き詰めれば
笑いになったりすることってないですか?
私はそういうことばっか(^^;)

もうダメだーと落ちる気持ちの時に
いろいろ考えて、夫と話しているうちに
最後は笑えてしまうというか
そっから立ち上がれるというか
37
 

そして「読者さんが」という言葉をもらいながら
自分もマンガ好きな一読者として考えたら
どんな深刻な時でも笑えるってエネルギーを感じて
好きなんですけど!

てわけで、この路線はやはりうちのベースで
捨てられないと再確認
うんうん(書いていて勝手に納得)

ps
これ、うちのお仕事先だけなのかな?
「少女漫画じゃないから」と言われたこともあったな
苦悩…