若いころいろんな仕事をやりました。
お好み焼きも焼いたし、カウンターにも立ったし、
ファンシーグッズも売った。
そんな中で営業の仕事も2つくらい。
飛び込み営業と保険営業。 
いやー営業の仕事ってのはアレです、肉体疲労もですが
精神疲労半端ないです。
ものを売るってのは大変なこってす。

それでもマンガの仕事して自分ちの企画とかを売りに行くのは
いっぱい断られながらいくつか買ってもらうという感じでやれているんですが 、自分ちの本を売るってのはなかなか難しいものです。

なんの話かっていうと
今日コミックスの告知記事をアップしました…って話です。

実はちょっと前までは描き手は描くのを一生懸命やるのが仕事で
できたものを売るのは出版社さんの仕事なんだと思っていたところがなきにしもあらずでした。

しかし、今回は久々のコミックスではあるし
いつも描いているのと違うジャンルの作品だし
せめて気がついてもらうだけでもと、ささやかながら
コミックスの営業活動とやらをやってみています。

といっても地元書店さんに回ったり
いつもより多く人に声かけたりとか、地味ーな活動なんですが。
そうしながら改めて「営業」ってのは難しいと思う反面
その反応が返った時のうれしさってのがダイレクトだなと感じています。
そういうわけでブログでもアップ。

「シークは恋を知らない」宙出版(ロマンスコミックス)
12月11日発売 650円
傲慢シークとブロンド健気美人の恋のお話。
  詳細はコチラ

↓ これ、販促用に描いたイラスト
スクリーンショット2013-11-25