人は見えるようにしか見ないし
見せたものでしか判断しない

と、思っていたら

案外多いのが

「見たいように見る」でした

「それは違うのに」と言うことを
どんなに言葉を尽くして伝えようとしても
見たいように見る人たちには
伝わらないということも多くて

そういう悔しさとか歯がゆさを
どうしようもなくささくれた気分の時も
あったりしたんですが

ある時、そういうことに
エネルギー取られるのに疲れたので
「まあいっか」となりました。

オチとしては
「ちゃんと見てくれる人が1人でもいればラッキー」

逆に自分がそう見ていることもあるかもしれないんだから
「ちゃんと見る努力しよう〜」
ってあたりで

これ現在修行中 


  …ってことを書こうかなぁと思うようなことがあったのよ〜