ちゃんとモト

「福田素子」は「幹」と「モト」夫婦二人のペンネーム。 ここは二人で管理するブログです。
マンガ絵日記、趣味のイラスト、ねこ話、もちろん仕事のお話も。

2014年08月

新作
*「ココロ屋のアルバム」 
「最高の主婦達」10月号 海王社
今回の雑誌テーマは「家族の笑顔で疲れもスッキリ」
20140829ブログ3

てわけで今回のお話は
家族のためにとがんばっている主婦Aさん
朝から夫も子どもも不機嫌そう
伝染してイラッときて怒鳴ってしまって自己嫌悪
そんなAさんに緑さんがサービスで出したお菓子は…

再録
*「きりんが丘のココロ屋」
「最高の主婦達」10月号 海王社
これはココロ屋みどりさんの普段見られない生活や
ココロ屋の謎「赤字なのになぜ経営できているか」の
秘密が描かれています(^^)
20140829ブログ4

ココロ屋は2000年に一話目が「ママンガ」という育児マンガ誌に
掲載されて以降雑誌が休刊になり雑誌を引っ越し
その雑誌が無くなりまた引っ越しというのを経まして
現在は「最高の主婦達」(海王社)で隔月で新作ショートと
毎月過去作の再録となっています。
初期の文庫3巻分は(出版社が無くなったので絶版です)
ebook japanにて読むことが出来ますのでご興味のある方は

*「明日あなたのそばに」
「15の愛情物語」10月号 メディアックス
20140829ブログ2
20140829ブログ
「続・橘屋繁盛記」がお休みの月なので読み切りの再録です。

彼は優しく、実家の親も甘えさせてくれる。
多分今が一番いい状況だと思える美恵だったが
ある日婚約者の彼が事故に合い、車いすの生活となる。
そして彼から婚約破棄を告げられ、その申し出を受け入れ
別れることになった美恵はー

テーマは重いですが、なにしろうちが描いてますから
どこか重くならないというか…読み終わってきっと
ニッコリしてもらえると思います。

とまあ、こんなです。
どんなかなと思われたらぜひ書店でパラリと(^^) 

新作
「なごみの猫ばなし〜2014年さわやか秋号メディアックス
にて、実話猫マンガをと言うことだったので私の母と猫たちの話と、
実家の猫又レベルに賢かった猫と私とのお話を描かせていただきました。

*「ねこばあちゃん」
20140826ブログ6
20140826ブログ2
なにがあっても猫がいれば…という母
いろんなことが起きましたがへたりそうになっても
20140826ブログ4
しかし…
20140826ブログ1
なぜ?!
そしてその後猫不在で母はー
で、その母を救ったのはやはり…

猫好きアシスタントさんが作画前に下絵読んで泣いてしまったんですが
ちゃんとハッピーエンドですから安心して読んでください〜

*「ねこの伝言」
20140826ブログ5
いやー、も、この子のことは忘れないですよ!
マンガのようなキャラ立った猫でしたよ。
その様子をねこ自慢のごとく描きました!
そして扉にある「不思議」部分は…読んでやってください〜
00


 
ブログランキングに参加しています。よろしくおねがいします。

↑クリック↑
ブログランキングならblogram
↑クリック↑
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
↑クリック↑
↓ こちらもよろしくお願いします。↓
このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

長くマンガ教室に来ていた子が2人大学進学で遠方に行ったのですが、
先日夏休みに入って帰省してきたということで遊びに来てくれました。
 
一人の子は小学校高学年の時から来てて
もう一人の子は中学生から来ていて
それがなんと大学生ーすごいなぁ

おみやげのお菓子もおいしかったけど
学生生活の話しを聞くのがお菓子より美味しかった(^^)
そして、「懐かしい話」ではなく
「これからの話」をするのは最高に楽しかったですよ。

長い修羅場中でおばちゃんたちちょっとへばっていたけど
彼女たちの話しを聞いていると元気出てきた〜

おみやげのお菓子〜(^^) 
17

ブログランキングに参加しています。よろしくおねがいします。

↑クリック↑
ブログランキングならblogram
↑クリック↑
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
↑クリック↑
↓ こちらもよろしくお願いします。↓
このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

以前秋田書店さんで描かせていただいた作品です。
「「自立」ってのをテーマに描いてみたいんですけど」と
当時の担当さんに企画を出したらするすると通ってびっくり。
いろんなターニングポイントでハタと立ち止まり
「自分」をみつけるって感じのお話です。
再録「私をみつけて」
「本当にあった女の人生ドラマ」10月号 ぶんか社

第一話「私だけの旅」
「母は私の一番の理解者」そう思っていた史織は
生活は母に頼りっきりだけど
仕事ではバリキャリウーマン
20140816-7
 
ところがそんな史織が一人暮らしをすると言いだし
母から猛反対を受けー
20140816-6
ここまで読んで「史織」の自立のお話と思われるでしょうが
実際は母親の方の自立がテーマでありました。
20140816-13
 
第二話「私の辞表」
「自分自身を試したい」と主婦を辞めて起業する文枝
20140816-5
 しかし、数年後、なんとかなりかけていた仕事が
思わぬトラブルに合い苦境に立つ文枝
その時に「夫としてではなく仕事する人間として信頼できる人」
ということで元夫に助力を求めることにー
20140816-10

 20140816-1

第三話「冒険への扉」
65歳 良い妻 良い母 をやってきた主人公
夫が亡くなり…
20140816-2

娘の手厳しい指摘に「だって…」
20140816-9

20140816-3
20140816-8
しかし
20140816-12 
そしてこの後思わぬ出会いと出来事がー
20140816-11
 とまあこんな感じの女性たち
どの女性の中にも自分がいるなぁと思いながら描いた記憶が。

たくさんの女性に読んでいただきたいと思っていたので
今回一挙三話掲載というのでよろこんでいます。
例によってコミックスになっていないものですので
この機会にぜひ読んでいただきたいです!
ちなみに今回の掲載誌の特集は
「大増殖モンスター老人たち」というやつでして
なかなか刺激的ですが誌面は特集以外もいろいろあって
バラエティに富んでおりました(^^)

「コソッと」
実はこれ二話目の「あること」が賛否両論でして
当時はその処理を悩みつつ、私も相方も担当さんも
「これがいい」としたのですが
読者さん的には「それが残念」というもので
友人の主婦二人に聞いたところその理由が判明。
判明して「えっ、そうなのっ?」と(^^;)
なにが「えっ、そうなの?」かは
まだ読んだことのない方がいらっしゃるとアレなので
来月にでも書かせていただきます〜
忘れていたらすみません…

女性向けコミック誌で仕事をするようになったころ
丁度私も出産したばかりで
背中に子どもしょって、マンガ描いていたりして
ヘロヘロのヘロヘロで

育児の合間にちょっと時間が出来たら
寝るか仕事か
正直ね、マンガ読む時間を捻出するのはすげー難しかったですよ

その時、読者さんもこんな状況の中でマンガ読んでくれるんだとしたら、
ほんとに細切れの大事な時間を使って読んでくれているんだなーと
思ったですよ

だから

読む人に負担にならない
 
読んだらホッとする
 トイレタイムに連れていってもらっていい
 極端な話、読み捨てでもいい
読んでもらう間の時間ちょっぴり現実から離脱できたらいいな

そんな作品描こうと思ったのですよ

そう思いながらずっと試行錯誤

「うちの読者さんはこういうのをが好きです」と
求められるものはいろいろ変わってきたりするんですが

描く時にいつも思うことは変わりません

誰かの大事な時間を読むことに使ってもらう代わりに
ちょっぴりいい気持ちをもっていってもらう

うんうん

今日はちょっと苦戦しているお仕事で
担当さんといろいろ話し合ったので
改めてこのことを思ったりしたところ

よしっ頑張ろうっ!


ブログランキングに参加しています。よろしくおねがいします。

↑クリック↑
ブログランキングならblogram
↑クリック↑
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
↑クリック↑
↓ こちらもよろしくお願いします。↓
このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

再録
*「新・コドモのお医者」
「サクラ〜愛の物語」9月号 メディアックス
20140811-2ブログ
せっちゃんが再会した幼ななじみの女性…ちょっとやさぐれてます
せっちゃんのダーリンに会って「納得いかない」

20140811ブログ
 で、今月はせっちゃんが「とことんお馬鹿ないい人」で
周囲の蓮くんとかハラハラなんですが
順平さんはニッコリ笑って
「だいじょうぶ、とことんて強いよ」と。
バカップルシーンばかりUPしていますが
ちゃんと「良い夫婦」シーンありますんでっ!
おまけ↓ 
25

ブログランキングに参加しています。よろしくおねがいします。

↑クリック↑
ブログランキングならblogram
↑クリック↑
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
↑クリック↑
↓ こちらもよろしくお願いします。↓
このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

今月発売の「15の愛情物語SP」9月号(メディアックス)では
いつもの「続・橘屋繁盛記」2本再録と同時に
読み切りも同時掲載=3本再録!です。
泣いて笑って元気になってください!!
ちなみにこの号は雑誌表紙も描かせていただきました。(左)
18
 一応「使わないかもしれないけど」という前提で背景も描いたのですが、
みごとに使われなかったのでブログに背景付きをば(^^)
12
 再録
*「だいじょうぶ!」
看護師さんたちに癒しの場を…
看護師として現場を引退してからエネルギー全開で
その活動に走り回る長野先生の実話です。
楽しくって、優しくって、厳しい
そんな先生の「だいじょうぶ!」を聞いてください。
20140808-3
 「続・橘屋繁盛記」
〜サブタイトル「秘密のアントニオ」
天使のような宗一郎のパパ、アントニオ
理想の夫のような聡美の夫、アントニオ
いつでもニコニコ優しいアントニオ
でもそんなアントニオにも聡美の知らない一面があって… 

〜サブタイトル「スマイル・すまいる・ウイルス」
まだ片言もようやくな美桜
そんな美桜の持つ最強の武器
それは「にっこり笑顔」
美桜の笑顔に困った顔のあの人もこの人も感染していく
38
 *「トライ!トライ!トライ!」
「涙がこぼれたあの一言」9月号 ぶんか社
実はこのお話、私のママ友時代のお友達のお話です。
こんな
20140808-1
 
なりました(^^)
でまあ、彼女当時からすんごいバイタリティある女性で
専業主婦も半端じゃないって感じ。
ピザなんか生地もソースも全て一から作る人でして
そんな彼女が遠く下関で仕事に就いて営業企画で
キャリアママになっていると聞いて興味深くて取材したら、
ほんっとーーにおもしろかったのでマンガにしてしまったという…

ちなみに、再録ですのでネームで「お互い40代半ば過ぎなんだよねー」
というセリフを読み返して…いやー若いねー40代!
とか思ってしまいましたよ !

ブログランキングに参加しています。よろしくおねがいします。

↑クリック↑
ブログランキングならblogram
↑クリック↑
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
↑クリック↑
↓ こちらもよろしくお願いします。↓
このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

このページのトップヘ