ちゃんとモト

「福田素子」は「幹」と「モト」夫婦二人のペンネーム。 ここは二人で管理するブログです。
マンガ絵日記、趣味のイラスト、ねこ話、もちろん仕事のお話も。

2015年01月

うちの夫、ふと思いついたように
作画中の妻の鼻をつまんだり
くすぐったり、ゆすったり
余裕のある時は、それでも作画したりしますが
〆切り間際はさすがに笑えない心狭い私です

「やめろよー!
人の嫌がることすんなー!」と怒ると

「いやいや、イヤかどうかわかんないし」と夫

「こないだイヤじゃ言うたやん!」と返せば

「いや、人は変わるものだから
今日はイヤじゃないかもしれないだろ」

まあ2日に一回はこういう会話発生

「人の嫌がることをしちゃいけません」
これ、大抵の人が言われたことあるんじゃないかと
それとか「自分が嫌だなと思うことはしちゃいかんよ」ての

これもうちの夫に言わせると
 
「人間が違うわけだから
俺が嫌だと思うことを、
他の人が嫌かはわからないし
もしかしたら俺が嫌なことを、
別の人間は好きかもしれない
そこは確認しないとわからないだろう」
 
と、このフザケタ言い分を
最近は「まったくだな」と思っている私です

「人間が違うわけで
感じ方も考え方も違う」っていう事実を
ついつい忘れがちになるってーか
自分基準を当てはめがちというか

でもその大事なところを
夫のおかげで忘れずにすんでおります

ええホントに!

てわけで、我が家では
付き合いが30年以上になる夫と
いちいち確認作業発生です

ツーカーとか阿吽の…とか
後100年かけてもなんないだろうなぁ

ブログランキングに参加しています。よろしくおねがいします。

↑クリック↑
ブログランキングならblogram
↑クリック↑
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
↑クリック↑
↓ こちらもよろしくお願いします。↓
このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

毎週土曜日、地元でマンガ教室ってのをやっています。
なにをしているかと聞かれると
「「好きなことを好きと言える」ことと
「楽しくお絵かき」することを教えています」
でしょうか

会員制とかでもないので、毎週気が向いた人が
気が向いた時間に来ることになっているので
多い日と少ない日とすごい波
しかもメンツが毎度いろいろ

小さい子が多めの回だと話題は妖怪ウォッチとかになって
大きい人も(それこそ大人も)一緒に妖怪描いたり
回によっては投稿する人がいたり同人原稿描いてる人がいたり
受験の話題が多かったり…ほんと色が様々

んで、今日はふと見渡すと
いつも以上におもしろい様子だったので思わず写メってしまいました

ノーパソ持参で春のイベント用の小説を書いている人
(イラストも自分で描くんじゃないかな) 
06

教室の壁に掛けているギターを弾かせてーと弾いている人
(あ、ちゃんとイラストも描いております)
14
イラスト描いている人(あ、なんか普通にマンガ教室っぽい)
31
週一教室で会った時とばかりに通信ゲームやっている人
(ええっと、この前後しっかり描いてますんで!)
46
そしてイベント用のマンガのプロットをドンドコ出している人
59
写ってないけど、イベント用のイラスト描いている人や
長編自主制作マンガをせっせと描いている人など

刺激されて私もせっせとお絵かきしてしまいましたよ

そんで本日のおやつはバケットにお好みのジャムやクリームでありました
30
うちの教室は午後1時から夕方7時までなので、
4時前くらいにおやつタイムあるのです(^^)

まあこんな感じでそれぞれ、自分でしっかり楽しんでおります
おもしろいことを提供されるのを待っている人はいない
というのがうちの子たちです(←親ばか?)

さ、来週はどんなかな〜ワクワク(^^)

ブログランキングに参加しています。よろしくおねがいします。

↑クリック↑
ブログランキングならblogram
↑クリック↑
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
↑クリック↑
↓ こちらもよろしくお願いします。↓
このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

父が美術大学に行っていたというのを知ったのは
私がずいぶん大きくなってからのような記憶があります。

けど私は父の絵を見たことがない

ということを、この間ぼーっと父の事を考えていて
気が付きました

三男で好きな絵を描く生活が
二人の兄を亡くして「長男」になって
大学を中退して家に戻ったとー
父本人からでなく多分叔母あたりからきいたような

祖父は早くに亡くなっていました

んで、父は絵とはまるで関係ない経理事務の仕事に就いて
結婚後、たまたまの縁で店を譲り受け自営業に
そして朝早くから遅くまで仕事…

その生活の中で父が絵を描いたりするのを
見たこともないし
絵を描いていたということなど
話題にしたこともなかったですよ

私が高校進学の時、地元の美術高校を志望した時にさえ
そんな話はまるで出なくて…

でも、美術大学に行っていたと知った後
父が水墨画の通信の教材を買ってしまっていたのを見つけた時

「なんでやらないの?」と聞いたことがあって

その時「いつか引退して時間ができたらと思って」と言った言葉

「確かに今は仕事仕事で時間ないもんね」と少しだけ納得した自分

それをずっと思い出しては
「いつかなんて来なかったじゃん」と
亡くなった父に向けて心の中でつぶやいています

父に聞きたいことはたくさんあったのですが
それはもういいかと思えるようになってきて

ただ年が明けてなんとなく

父が描いた絵

父が描きたかった絵はどんなだったんだろう

観たかったな思い始めて

そう思ったら
「いつか時間ができたら」と思っていたものより
「今やりたいことは今」だなぁと
改めて思ったりしたのでした

うん、観たかったなぁ…

ブログランキングに参加しています。よろしくおねがいします。

↑クリック↑
ブログランキングならblogram
↑クリック↑
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
↑クリック↑
↓ こちらもよろしくお願いします。↓
このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

再録
「新・コドモのお医者」
「サクラ〜愛の物語」2月号 メディアックス
20150112
 
さて、順平さんと結婚して「自称美人女医」から
「自称人妻美人女医」となったせつ子ですが

着々と大きくなるお腹
助産婦さんに太り過ぎだと注意を受けるや
順平さんのヘルシーで満足度高いメニュー研究は進む
20150112-3

 さらに順平さん 生まれてくる子どもの名前に悩み、
みんなに「どれがいいかな」と壁いっぱいに名前の札を…
暴走気味です
20150112-6
 20150112-7
と、せつ子の出産に向けての話が進む中

同居人の蓮くんの抱える重いもの
20150112-4
親に必要とされなかったという気持ち
20150112-5
 自分はいなくていい存在だったのでは…

そんな蓮にせつ子は

そして、蓮が知る「自分の名前の意味」

個人的に蓮くんは好きなキャラなのですが
今回はバカップルに当てられてばかりじゃない役で
お母さんとの関係にも辛いばっかでない展開があります
 
おバカシーンもしっかり全開
20150112-8
叱られた〜
20150112-11
「でも、仕方ないかな」と蓮くん「だってさ」
20150112-9

ぜひ読んでやってください〜〜

…ps
20150112-10
 そしてオチで またしてもせつ子、順平さんの血圧を上げる行動を… 
ブログランキングに参加しています。よろしくおねがいします。

↑クリック↑
ブログランキングならblogram
↑クリック↑
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
↑クリック↑
↓ こちらもよろしくお願いします。↓
このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

マンガ教室始めて「教える」ってことは
自分が学ぶことなんだってしみじみ思う今日このごろ。

それに加えてよく思うこと
「生徒さんに言った言葉は自分に向けて返ってくる」

よく教室で生徒さんたちから
「絵が上手くなるにはどうしたらいいですか?」という質問が
あるんですが「描いただけ上手くなるよ」と答えていたら
どうやらその言葉が自分の口から出て
自分の耳に入ってきて脳みそに張り付いたようで

いつも仕事でこんなメンズを描いるんですが↓

20150110
BLの麗しいメンズとかかっちょいいメンズとか見て
うっとりして つい… 

20150110-2
とか、うっかり思っちゃったりして

すると…

どこからともなくやってくるあの言葉
20150110-3
うひゃーっ!
20150110-4
てわけで地味に練習してみたり(^^;)

そんでもアレですね、さすがにパパッといかんですよね
しかしこれを歳のせいにしちゃ負けな気がする(なににっ?!)

それでもまだまだ思うように描けない現実に
凹みそうになる私に
「描いた分だけ上手くなるよ」と自分の声がー 
ブログランキングに参加しています。よろしくおねがいします。

↑クリック↑
ブログランキングならblogram
↑クリック↑
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
↑クリック↑
↓ こちらもよろしくお願いします。↓
このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

「ねこぷに」という猫マンガ雑誌にて
描かせていただいている作品
「春の日通りのお猫様」の中に出てくる三匹の子猫。
数話目で「名前つけてなかったや」と思い
読者さんに名づけをお願いいたしました。

ありがたいことに思いのほか応募いただいて、
どれもかわいい、おもしろいと選ぶのに悩み
決まりました3匹の名前
20150109

白・黒・グレーと勝手に呼んでいた主人公でしたが
今後はちゃんと名前で呼ぶことに(^^)

その募集の時にお礼にはキャラのイラストをと出していたので
お二人採用ということなので2枚描かせていただきました。
手描き感ある方がいいよね…と思って久々に色鉛筆塗り
喜んでもらえるといいなー
58

14
本日編集さんに送付するので、読者さんの手元には下旬までには
届くのではないかと。
 
ブログランキングに参加しています。よろしくおねがいします。

↑クリック↑
ブログランキングならblogram
↑クリック↑
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
↑クリック↑
↓ こちらもよろしくお願いします。↓
このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

本日 新年最初の献本が届きました
はたと気がつけば去年の暮れはお仕事情報を
かなりしていない…!

というわけで年明けの新着お仕事情報です

再録
*「みちづれ〜人生という長い旅〜」
「涙がこぼれたあの一言」2月号 ぶんか社
20150107-2
 これ雑誌表紙には「みちづれ」とありまして
作品表紙のタイトルロゴは「みちずれ」とあります。

んー ま、深く考えまい
読めばおなじということで。

表紙にあるあおり文句がいろいろ語ってくれています。
旦那の浮気とか、子どもの素行不良とか
家庭がボロボロになっていく…とか

でも、ま、福田ですから!
どんな形でも幸せになりますから!

最近思うんですけど、うちのマンガの登場人物たち
「生きる」ことにしぶとい気がします

以下は遅まきながら暮れのお仕事情報〜
再録
*「新・コドモのお医者」
「サクラ〜愛の物語」1月号 メディアックス
20150107
割と内容シリアスなんですが、お約束の恥ずかしいシーンをば
img001_edited-1

*「パパの子守唄」
「15の愛情物語」2月号 メディアックス
20150107-3
大人って自分が思う以上に子どもに甘えていて
子どもに助けられていると思うことがあります

その子どもの中には、ちゃんと大人が与えた
愛情があって…
そんなことを考えながら描いたような。


*「わたしの還る海」
「ほんとうに泣ける話」2月号 ぶんか社
img003_edited-1
 若い頃、実家の父が経営する会社が倒産して
家庭が壊れたー
そんな記憶のある故郷に戻りたくないと思っていた
主人公が実家に戻ってきた

主人公信子の夫が父と同じ道を歩むかも…
夫の勧めで借金の督促から逃げるように娘と二人で実家に戻る信子
不安いっぱいの信子は自分のことしか考えられずー

でもやはりラストで読んだ方にもホッとしていただけると(^^)

***************************

いわゆる「感動モノ」というジャンルの作品を沢山描かせていただいて
いるんですけど、やっぱりうちのベースはコメディなのかもと思うのは
どんな暗い展開でも笑いのシーンが入ったり
油断すると、そういうシーンを長くひっぱりそうになったり…

うん、でも人はどんな辛いことがあっても
お腹が空いたらなんか食べて、トイレ行って…
強制的に生きる日常が混ざりこむわけで

かなり深刻な事態に陥った時、そう思うと笑えてきたりとかよくあります

もっとも、うちの夫なぞは
なにかに集中するとお腹も減らないし眠気も怪しくなるらしいので
私から「生きる基本がダメじゃん」とか言われているんですけど…(^^;)

そんなしぶとい福田、今年もなんとか描いていきますので
どうかよろしくおねがいいたします。
 
ブログランキングに参加しています。よろしくおねがいします。

↑クリック↑
ブログランキングならblogram
↑クリック↑
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
↑クリック↑
↓ こちらもよろしくお願いします。↓
このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

このページのトップヘ