ちゃんとモト

「福田素子」は「幹」と「モト」夫婦二人のペンネーム。 ここは二人で管理するブログです。
マンガ絵日記、趣味のイラスト、ねこ話、もちろん仕事のお話も。

2015年04月

今年もゴールデンウィークとかいうのがやってきました
で、例年通りうちはスタッフさんが交代で休んで
私と夫がややゆるめ作業という運転でございます

ゆるめといいつつノルマはどっさり(^^;)

同じようにゴールデンウィークといいながら
なかなか休みが取れないわ
子どもは学校お休みだわという方は多いのはないでしょうか?

そんな時かんたんでちょっといつもと違う感じな食卓は
いかがでしょ?…と鈴太


「鈴太のおいしくできるモン!」
鈴63-1
 鈴63-2
しかも予算控えめでいけると思うので
よろしかったらお試しください〜♪ 

絶版だった作品が電子書籍で復活しているので
たまには宣伝なぞしてみようかと思います

あおば出版さんから出た文庫「コンビニエンス家族」
これ収録作品好きなものがギュッです。
 
ちょっと切なくて最後それぞれのお話の主人公たちが
求めていた幸せの形にたどり着く…そんなお話の作品集

表題作の「コンビニエンス家族」
設定とか重いんですけど
主人公と関わる子どもたちが欠けたものを埋めるようにして
作ろうとした家族の形は…
20150428-5
20150428-4
思いつめる主人公
 20150428-7_edited-1
出会ってしまった三人
20150428-6_edited-1
この子どもたちは?
20150428-3_edited-1
そしてー
20150428-2
いつの間にか
20150428
しかし、幸せな時間には終わりがー
行方不明となっている兄妹を探してやってきた刑事
主人公はただ「家族」を守りたかった…



よく「血のつながり」と言いますが
血のつながりがあってもそれを維持する努力がないものは脆いと思っています。
そもそもパートナーとは血のつながりなぞないわけですし
その他人同士が家族という形を作るわけで、
と思うと、この作品のような形も全然ありだなと思うわけです。

やや長めの5作品収録の287p 300円にて
ebook japan とKindleにて販売されています
切なくて幸せ…そんなお話を読みたいと思われた方はぜひ

ebook japanで「コンビニエンス家族」37


Kindleで「コンビニエンス家族」20

 

ブログランキングに参加しています。よろしくおねがいします。

↑クリック↑
ブログランキングならblogram
↑クリック↑
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
↑クリック↑
↓ こちらもよろしくお願いします。↓
このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

なにやら仕事の予定が追い詰められてきました
気持ちは先に進みたいのに
手元が進まないもどかしさ…クッ!


そんな本日 鈴太レシピをアップしようと
作品パラパラめくっていたコレ
残り物の再利用レシピでありますが
このアイデアは若いころバイト先で知ったもの
初めて見た時はその作り方に驚き
出来上がったもの食べて「いけるわー!」と感動

「鈴太のおいしくできるモン!」
鈴21-1
…みたいなことありますよね?!
鈴21-2
ソースに少しかたくり粉を入れると絡みがいいです

お弁当の一品とかにいかがですか〜?

再録
*「お荷物ころりん」
「15の愛情物語」6月号 メディアックス刊行
20150424-1
脳天気なキャラ 明るい表紙
そんで意外に重い設定 

20150424-3
だもんで、双子ちゃんは母の「お荷物」を脱却して自立して
母を楽にしてやりたい…という野望を持って
高校卒業後の計画もしっかり立てているしっかり者
そのお荷物しょっても元気な母・玉恵さんはこんな人 

20150424-4
とっても楽しそうに日々を過ごしております
そんな中に小さな波紋

20150424-2
もちろん玉恵さんはバッサリと
でも…思わぬ伏兵が 

これもう何年も以前の作品なのですけどね
再録された作品を改めて読みながら
今自分が抱えているものを「重い」とか思い始めていた自分が
玉恵さんのセリフ読んで「あ、そっか!」と思って

読み終わったら
「荷物が軽くなりました!」


これを描いた頃もいろいろあっていたし
ちゃんと凹んだり、しんどかった記憶があるんですけど
当時のキャラが言ったセリフが全てだなぁと

その頃の作品に自分が元気もらうとか
なんというか作品に感動というのと違う感動を受けましたよ

てわけで重いなぁと感じ始めた荷物の量は変わりませんが
いくぶん背筋をしゃんとして歩けそうです(^^)

読んだ方が読み終わって(=^・^=)ってなってくれたらいいなと
思いますー

1267481_p

 

本日、仕事明けで溜まった雑用でバタついております
そして気がついたですよ
仕事真っ最中の方がツイッターのつぶやきや
Facebookのチェックなどしていることに!

休憩時間の時とかちょびっとアクセスしたり
しやすいんですよね(^^;)


を読んで下さった方から
主人公の才蔵くんや春太のキャラを褒めていただき
加えて「猫神さまも品があって…男ですよね?」
言っていただいたのですが
「ごめんなさい=女性キャラです〜」とお応えしました。

初期設定でそういう風に思って描いていたんですが
そもそものモデル猫が昔実家にいたミチという賢い三毛猫だったんで
つい♀って思っていたんですよね。

そしてふと「神様だから性別なくてもいいのか」とか(^^;)

こうやって読んでくださった方の何気ない一言が
キャラの設定とかに影響出ることとかあるんですよね
 
改めて 
作品は読む人あってこそだなと
思ったりしております。

てわけで、連載前に設定表とか作っていた時に描いた
猫神さま擬人化(人型)絵でございます
 猫神
今日はまだ雑用ノルマ終わっていないので再びバタバタいたします=
ブログランキングに参加しています。よろしくおねがいします。

↑クリック↑
ブログランキングならblogram
↑クリック↑
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
↑クリック↑
↓ こちらもよろしくお願いします。↓
このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

ゴールデンウィーク進行、山一つ越えて
ヘロヘロしている福田です

出来合いのおかずが並ぶ事も増える〆切り時
巴さんじゃないですが、やっぱ
「食は健康の源」かなと
感じることも多々有ります

さて今回の「鈴太のおいしくできるモン!」

鈴90-1

なんて力強い言葉!
男前だわー!

鈴90-2
苦手食材を美味しく食べてもらおうと
ママに食育する鈴太


一家に一人いるといいなぁという声を
連載当初からよくいただきましたが
本編でシングルマザーの巴さんが一つ目のアプローチを逃したのは
鈴太がいたからでは…とか今更に思ったりしています(^^;) 

再録
*「ズバッとお義母さん」 
「15の愛情クライマックス」6月号 宙出版刊行 

仕事の依頼で「嫁姑物で」という依頼が多くあった時期があります
で、まあ8割方コメディだったりします
今回のコレ↓ 

20150419-8
タイトル通り「ズバッというお義母さん」です
イントロから

20150419-7
 ズバッ!
20150419-6
そしてお嫁さんの方は…ぬぬ…天然系の匂いが…


20150419-5
早朝からがんばる主人公に、お義母さんは
「私は私の好みがあるからほっといていいから」とズバッ
そしてー

20150419-4
20150419-3
主人公、なんと兼業主婦なのですね
しかも勤め先のファミレスでは「バイト主任」とか
そんな働きぶりをたまたま見ることのあったお義母さん
店の外で従業員らしき女性がズル休みする計画を立てている…

20150419-2
イラッときつつも「彼女は僕が守るから」と息子に言われ
口出しできず…しかし名案がひらめき

20150419-1
なんと主人公の勤め先にバイトとしてやってきた!
 
ここから店内でのお義母さんの「ズバッ」が炸裂
しかし主人公、天然だけど天然の強さでお義母さんに…

割と好きなお話しなのでぜひ読んでいただきたいです
200

おまけ
ちなみに、リアルなうちとお付き合いある方ははたと気がついたと
思うのですがこのお義母さん…ファッションとか顔つきとか
言動とか…主人の母がちょびとモデルです(^^)

そんな義母と私の会話は周囲の人が聞いていて
ズバッと同士に見えるかもです↓参考例(実話)

「お義母さん、いずれ同居って考えてる?
うちは可能だよ」と私

「え、やだ。だってあんたたちと生活合わないし」と義母

「だよねー
同居になってもお互いダメだよねー」私

「そうよー別の方が平和よー」義母 ケラケラ

実の母ともですが義母とも 一人の仲良くしたい人として
私の中にあります。
ほんっとズバッと楽しい女性なのです(^^)
(以前のブログにも書いた「幽霊退治ネタ」とか)
 
ブログランキングに参加しています。よろしくおねがいします。

↑クリック↑
ブログランキングならblogram
↑クリック↑
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
↑クリック↑
↓ こちらもよろしくお願いします。↓
このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

このページのトップヘ