ちゃんとモト

「福田素子」は「幹」と「モト」夫婦二人のペンネーム。 ここは二人で管理するブログです。
マンガ絵日記、趣味のイラスト、ねこ話、もちろん仕事のお話も。

2016年12月

「あけましておめでとうございます!」
と言ってからあっという間に
「一年ありがとうございました」
を言う日が来てしまいました。

2016年は仕事もプライベートも大きく転換期だった気がします。
仕事は春過ぎてから月に何冊かの電子書籍の作品配信が
されるようになりました。
描き下ろしの仕事をしつつ
そこに単行本になっていない作品の電子化作業が
ガッツリ入ってきました。

プライベートでは更年期と50肩ってのがWできまして
これはもうホントちょっと難儀でした
(まだひっぱっていますが)私的には
「まさかこんなダメージあるとは」でして
考え方とかにまで影響しましたよ。
その他にもうちのニャン・タマの急死とか…
これまた「まさかここまで」なダメージでして…

ただそういう幾つものダメージで
ガタガタになったものを立て直すのに
いろんなものを見直すことになり
その結果今までと随分違うものが出来上がり
そうな感じです。すごく「一から」感(笑)

そんなわけで2016年の私から2017年の私へ
バトンを渡すわけですが、その時に向かう方向を
改めて伝えねばだなと思っているところです。

一年ありがとうございました。
そして新しい一年もよろしくお願いいたします。
まねきっず3

       2016・12・31
ブログランキングに参加しています。よろしくおねがいします。

↑クリック↑
ブログランキングならblogram
↑クリック↑
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
↑クリック↑
↓ こちらもよろしくお願いします。↓
このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

今年は夫が今までになく大掃除に燃え
ついでに家のあちこちの補修とかまでして
さらにラストはデスク周りの大片付け。

これは夫のエリアがメインですが
ついでにポテトも…ではないけど
私も自分エリアの見直しや片付けをしています。

12月に入ってからすごい勢いで
夫とスタッフさんが仕事場の掃除。

私は「あんたの一番の手伝いは
手伝わないことだから安心して
他のことをしていなさい」
と言われたので
良い子でデスクワークや本棚の整理などを(^^;)

で昨日自分のデスクの分厚い書類袋を覗くと
デビュー前の完成ネームとこんなものが入っていました。
IMG_7266
「平成5年 Mac日誌」ですよ!
今から23年前ですよ!

当時夫がMacのLC520を導入した経緯や
息子と私用にカラークラシックを導入して
その反応とか…こんな感じでメモっています。
IMG_7269
IMG_7267
当時かなりな貧乏生活(月平均10数万)
それでMacの導入…と悩んだ末に
「初めてのMacのレポ漫画仕事描かせて下さい」と
アスキーのMac雑誌の編集部にFAXで営業して
奇跡のように仕事をゲット!

その時の営業文句がこれです
「Macをリースするんですが
リース代分のお仕事いただければ
とても嬉しいし助かります!」

おおおおっ!
なんちゅうすごい営業文句!
当時の自分の口に手を当てたいですわ(苦笑)

そして、当時の担当さん
「あ、ちょうど今から編集会議なんですよね。
なんか出そうと思っていたけど
ちょうどいいんで出してみます」

軽っ!!(笑)
そして間もなく…通りました!

そんなこんなで「高橋さんちのMac事情」を連載して
(当時はペンネーム・高橋もとこでした)
さらにハイパーカードで絵本をとかいう企画とかやって
それを見た日経の方からコラム依頼がきてと
なにがどうなるかわからないものです。

しみじみと「若いって怖いもの知らずだなぁ」
とか思っていたら
母から猫を引き受けるようになった時も
「うちのニャンコのご飯代になればうれしいです」
ネコ漫画を取る営業した記憶が…

私のおバカ…30年近く経っても
変わっていないのかっ?!ガーン!

大掃除いろいろすっきり
いろいろ発掘
そして発掘されたブツは恐ろしい事実も
教えてくれたというお話でした。

今年もあと少し
片付け済ませて、新しい形を作ろうと野望 

【再録情報】
「恋歌」
「ありがとうの本〜涙の絆」青泉社刊行に
巻頭カラーで掲載されています。
20161221-6 
これは主人公がこの方なんですね。
初老のご婦人。
そしてその息子の嫁と、ごく普通の嫁姑物…
という展開でスタートするのですが…

いやいやいやいや
久しぶりに読み返して
えっなに、これ感動モノじゃなくて
ロマンス物だわよっ!(笑)

という感想をばですね、はい。 
20161221-7
20161221-5
20161221-3
20161221-4
20161221-8

20161221-2
この息子いいヤツなんですわ
母親のこと心配でオヤジが死んだ後は俺が母さんを見る!
とか意気込んで妻と喧嘩までして
そしたら母親に優しく「大きなお世話」扱い(笑)

その後わかっていく義母のことー
すごく久しぶりに読んだので展開を忘れていたおかげで(?)
「え、そうなの?」と美味しい思いをいたしました(^^;)
 
こういうロマンス物の需要とかないかなぁ…
 
ブログランキングに参加しています。よろしくおねがいします。

↑クリック↑
ブログランキングならblogram
↑クリック↑
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
↑クリック↑
↓ こちらもよろしくお願いします。↓
このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

全てがそうだとは言わないのですけど
割りとありますこんなこと
で、この問答はうちのマンガの橘屋やココロ屋に
よく登場したりするのです

20161217

201612172
ブログランキングに参加しています。よろしくおねがいします。

↑クリック↑
ブログランキングならblogram
↑クリック↑
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
↑クリック↑
↓ こちらもよろしくお願いします。↓
このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

TwitterとかFBとかInstagramにあれこれ投稿していたら
ブログ更新をうっかり忘れていた福田です(^^;)

お仕事情報とか書こうかなと思ったんですが
猫バカな写真がたまっていたので
ちょっとうちのニャンのことをば
Image-1-3
相変わらずのツンなミーさん
Image-1-4
ひなたぼっこ中〜まるでまっくろくろすけなクロ

新しくうちに来たクロものすごくあまったれちん
「あそんでー あそんでにゃー」攻撃がすごいです
そんな様子に「ねこ大喜び」なというふれこみの
猫のおもちゃを購入しました

実はタマが来た頃も「ねこ大喜び」の品々を買ってはいたのですが
大抵は見向きもされず…関心はもっぱら
それが入っていたダンボールの方に(しかも大喜びで)

そんなわけですっかり新規導入がなくなっていたのです
なにしろ週に一つくらいはなにかしら「ダンボール」が届きますし(^^)
しかし、クロはそこまでダンボール命ではないようで

夫「ううむ、買ってみるか」
そして届いた猫オモチャ
IMG_6658
「こうやって遊ぶんだぞ」とレクチャーする夫
夫が遊ぶならと参加するクロ
IMG_6667 (1)
家政婦は見たのように影からそっと見学のミーさん
IMG_6665
そして遊ばせ疲れた夫は滅多に使うことのない必殺「またたび」を
オモチャにちょいふりふり「これで遊ぶだろう」(^^)
ミーさんいきなり寄ってくる。クンカクンカ
IMG_6672
段々夢中になるミーさんの様子に押され今度はクロが物陰からじっ…
IMG_6675
そして一時間後、オモチャは既に過去の人
二匹はそれぞれお気に入りのダンボールや椅子の上でぐうぐう

一時間〜円かぁ…(^^;)
いつも思うんですけど「猫大喜び」なオモチャやタワーや
様々なグッズ、今までそれが入っていたダンボール以上に喜ばれたこと
ないのですけど、猫飼いのみなさんちで大ウケのグッズとかって
ありますか? 
ブログランキングに参加しています。よろしくおねがいします。

↑クリック↑
ブログランキングならblogram
↑クリック↑
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
↑クリック↑
↓ こちらもよろしくお願いします。↓
このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

このページのトップヘ