ちゃんとモト

「福田素子」は「幹」と「モト」夫婦二人のペンネーム。 ここは二人で管理するブログです。
マンガ絵日記、趣味のイラスト、ねこ話、もちろん仕事のお話も。

2017年02月

先日 作中に我が家と我が家のニャンが登場したので
「取材のお礼」ということで梶本潤さん
(@unta0430)から
新刊をいただきました。
01
「猫とダンナと時々ごはん~ウンタのつれづれ日記」
(GUSH COMICS DX) コミック 
 
夫と共に作中に登場・美化200%
IMG_8692
(誰じゃっ?!わからなかったとか言うヤツは!…仕方ねぇか…)

前回のエッセイコミックは美味しいものいっぱい〜

今回のエッセイコミックはモフ度高し!です
猫飼歴40年とか「いくつや梶本さんっ!」
とツッコミ入れそうになり…(答えは本誌で確認してねと宣伝)
IMG_8694
ニャンたちとの出逢いと別れとか
猫飼生活になっている私にはコクコクと頷きながら
ちびっと目から鼻水
あと乙女なご主人と梶本さんの掛け合いが大変ツボでありました。

仕事でピリピリしている合間に本を開いてほよ〜〜んと
癒やされます。はい。

そして、そしてあとがきの中にタマ!
飼い主としてありがとうありがとう!です

モフと癒やしの欲しい方にオススメしておきます(๑•̀ㅁ•́๑)✧

*****************************
 
さて…ここから下は先日興奮のあまりTwitterでつぶやいた話を
まとめた「タマで鯛を釣る」話

先日タマ絵の中にTwitterでお友だちになった梶本潤さんちの
ニャンさんたちを描かせていただきました…と
ブログに書いたのですが→ここ

つい先日その梶本さんから荷物が届きました
〆切直前だったのですがソレを受け取った時の私
梶本さんにお礼のメッセージ出そうとか
感動をツイートしようとしたのですが
自分の文章力のなさに「違う!伝わんないー!」とジタバタ
文章がダメだったら絵にしたらいいじゃん!と、カキカキ
2017022-COLLAGE
2017025-COLLAGE
IMG_8653
そして夫「みなまで言うな」とうちにある額に入れてくれまして
ヽ(=´▽`=)ノ
IMG_8642-COLLAGE
ミーさんとツーショット〜「アタシのお見合い相手ニャッ?」

だって奥さんここだけの話
私盛大に腐ってますから!(遅い腐デビュー)
梶本さんの漫画のファンですから!
ファンだったんですがTwitterでたまたまお友だちになったんですよね。
きゃほーっ!
当然の反応ですよね?

そんな私に夫が
「おまえは海老で鯛を釣る名人か」とつぶやく

ちなみに夫が「海老で鯛を釣る」と言った背景には
タマの絵を貢がせていただいた
葉月つや子姐さん
@nobuko58364135)から思わぬお返し
直筆アラブ王子をいただいたことなども含んでおります

この時もあわあわしてうわうわなっていたのですが
やはり夫がすすすっと額を探して飾ってくれました
CuCvhf6UkAAlNos
寝室の私のエリアの壁にアラブ王子。
おはようとおやすみは王子と共に(^^)
この横にイケメン男子が加わるのかぁ(^q^)

「下心ないから!ただ好きなセンセに喜んでもらえたら
うれしいじゃん!それだけなんだよー!」と夫に言いながら
お二方に送った絵がたまたまタマの絵だったことに気が付き

( ゚д゚)ハッ!「タマで鯛を釣ったのか」
…てなお話でありました

お後がよろしいようでm(__)m
ブログランキングに参加しています。よろしくおねがいします。

↑クリック↑
ブログランキングならblogram
↑クリック↑
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
↑クリック↑
↓ こちらもよろしくお願いします。↓
このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

先日のペン軸についての追加情報です
先日の記事→こちら
鉛筆芯ホルダーが使えるのではないかということで
Gペン用と丸ペン用にそれぞれの径に合うであろう
芯ホルダーを探して注文。
届いたので試してみました。

今回うちが使用したもの

丸ペン用
ファーバーカステル 3.15mm 型番TK9400
これはなんの加工もいらず、丸ペンをいれて
ホールドがっちり描き心地もかなり(๑•̀ㅂ•́)و✧でした。
IMG_8620

Gペン用(さじペン)
コヒノール 5.6mm  型番5340
中に5mmの丸棒(プラ棒など模型素材などにあります)
を13cmにカットして周囲にテープを巻いて中に入れました。 
*中の丸棒はより安定感を出すためで無くても使用可です
IMG_8618
どちらもペン先をさしてぐらつかない!
かなりオススメです。
ただGペン用に使ったコヒノールは素材などの関係で
通常のペン軸よりかなり重めです。
もっとも私はそれが安定感になって好きなのですけどそこは好みかなと。

コヒノールは1500円くらい
ファーバーカステルは2000円くらいです
ブログランキングに参加しています。よろしくおねがいします。

↑クリック↑
ブログランキングならblogram
↑クリック↑
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
↑クリック↑
↓ こちらもよろしくお願いします。↓
このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

昨日ツイートしたマクソンのアルミペン軸が廃盤ということで
「えええ、どうしようっ!」となった昨夜
IMG_8565
これもう二十年以上使っている道具でこれのおかげで
どれだけペン入れが違ったかというほどのお気に入りの品。
アルミ製で保ちがすごくいいので「壊れたら買おう」
と思ってたため予備がほとんどない状態だったのでかなり焦りました。

「廃盤」…そうか…想定していなかった自分の迂闊さが…(><)

商業はデジタルメインになっていますが
描くということでアナログ絵を捨てる気はなく「ううむ困った」
アナログ派の方には絶賛オススメなのに…
知人にオススメしたら廃盤とか(;´д`)トホホ…

それを夫に話したら、なにか代用品をと調べ始めて
鉛筆芯ホルダーを使っている人がいるというのを見つけ

自分ちの芯ホルダーとGペン丸ペンの
直径を測り始め「これはGペンのサイズに合うかも」と
昨夜にわかに加工作業を。

「ちょうどいいものがなければ作る」が口癖の夫

んで、できましたよ

うちでお気に入りの5.6mm芯の鉛筆芯ホルダー
これを加工してGペン先をさしてみました
IMG_8576
IMG_8573
IMG_8574
IMG_8575
おおおっ!なんと!
ガシッとしっかりホールド!
ブレない描き心地!

ええわぁ!
Gpen
そして「丸ペン軸」の方も…と思ったのですが
我が家で使っている芯ホルダーは5.6mmだけだったため
丸ペンサイズの芯ホルダーは昨夜注文して届くのを
待つ状態です。
丸ペンの方はペン先の形状が丸く筒状だしGペンのように
中にチューブだとか支えの軸を入れずに済むはずなので
届いたら即使ってみようと思います。
そんでまたブログにアップしますよ\(^o^)/

取りあえずは安心したよーというご報告

ブログランキングに参加しています。よろしくおねがいします。

↑クリック↑
ブログランキングならblogram
↑クリック↑
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
↑クリック↑
↓ こちらもよろしくお願いします。↓
このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

先日、Twitterでお友だちになった
漫画家の梶本潤さんちのニャンさんたちを

趣味絵の「かぎしっぽのタマ」の世界に
描かせていただきました。
梶本さんのTwitterアカウント(@unta0430)

梶本さんちのニャンさんたちは総勢5匹

中の1匹・↓サミーちゃんは虹の橋の向こうにいる子です
49

↓マッコさん

17
↓にゃんさん

37
ムーさん
KDVGId8P 

↓きなこちゃん
04
こうです(^^)
梶本ニャ
梶本ニャ2
普段「かぎしっぽのタマ」はいつもはポストカードサイズで描いています。

でもニャン5匹とタマを入れて6匹はさすがにポストカードサイズ無理なので

やや大きめにて制作。
時間がかかりそうだったので制作過程を梶本さんに
メッセージしつつTwitterにアップしつつ~


途中、梶本さんからマツコさんのしっぽを長さを違っていたことを
教えてもらって「おおおおっ!やっちまったーーーっ!」

「将来伸びるかもしれないからいいですよー」という
優しいお言葉をいただいたのですが(そうか…伸びる…笑)
そこはちゃんとせねばと修正


「ニャンを6匹、どういう構図にしようかな」と悩んでいたんですが
Twitterでにゃんさんたちを見ていたのでその様子がインプットされて
いたからか、飼い主の梶本さんと同じくサービス精神旺盛なニャンさん
たちに心の声が届いたのか脳内で楽しくポーズを
取ってくれました(笑)

できた構図

梶にゃん構図

そんで下塗り
梶にゃん塗り3
さらにぬりぬり、毎日ちびちび…
完成〜
梶にゃん塗り4
 
できあがりです~

「かぎしっぽのタマ 虹の橋の向こうを旅する」

*虹の橋の向こう、虹の橋のあっちとこっちが

つながっている小さな森があるのニャッ

時々あっちとこっちのお友だちが一緒に遊ぶのニャッ*

とタマが言うので(^^)

(タマのアカウント→@KagishippoTama) 

こうやってタマの世界が広がっていって楽しいのです

これからも新しいお友だちができそうです


ところで梶本さんちのニャンさんたちの様子と
美味しいものいっぱいのエッセイマンガが
2月10日発売ですよ!
ニャン好き・美味しいもの好き・旅好きの方、オススメですよ~

「猫とダンナと時々ごはん~ウンタのつれづれ日記」
(GUSH COMICS DX) コミック 

01
既刊エッセイコミックも↓(^^)

修羅! 晩ゴハン (GUSH COMICS DX) 
16

エッセイマンガ
「後悔しない見送りのためのいくつかのこと」
「私たちの人生片づけvol3〜看取るということ」(宙出版)
に掲載されています。
26
去年の暮れに久々の編集さんから連絡いただき
再録のリストの話をしながら雑談いろいろ。
 
増刊号のテーマが「看取り」ということで
テーマに沿った作品を選びながら
その流れで去年後半で急死した飼い猫タマの話しになり
その前年に母が亡くなった話にまでなって
「もし看取りのこととかエッセイの仕事とかあったら
依頼してね」(笑)と言ったら

「…まさにそれ、今お願いしようと思っていました」
という言葉が。

描き下ろしで描かせていただくことになった
エッセイマンガ。時々Twitterで流れているだろうと思って
ポソッとつぶやいている実家の話から
母の闘病〜見送りの時までを描いています。
58
13
実はこれ、案外さらっと描けると思っていたのですが
改めてそのことを考えて記憶の中をごそごそしていたら
なんか必要以上にさかのぼり自分もしかして
しんどかったのか?ということに気がついてしまい
マンガと関係ないところでジタバタして想像以上に
時間がかかったというおまけ付き。

そのことに気がついたのも
去年タマを亡くしてから自分のある部分の気持ちのガードが
もろくなってしまったからだろうなと思っています。

長いこと「だいじょうぶ」「平気」と口にして
自分でもそう思ってきたことがけっこう
だいじょうぶじゃなかったんだとか今頃わかって
もうホントに、ちょっとおばちゃん困ってますわ(^^;) 

…と書くとなんかすごく重いネタ?と思われそうですけど
ネタが重くてもうちのマンガですから暗くないことをお約束。

「読後少しだけ楽になるようなマンガ描きたいです」
という気持ちで描いたものですので安心してお読み下さい(^^)
52
 

このページのトップヘ