バイオリズムってんですか、
時々、思考がぐーーっと内側しかも下方向という時があります
ここちょっとそういう感じかなぁとか思っていたのですが
悶々している時間が、先日書いた「時間予算」をオーバーしそうになったので終了です。

こう書くとさっぱりした性格のようでカッコいいのですが 
実際は時間のある時はこういう悶々としたことに
かなり突っ込んでみたりしています。

たとえば「嫉妬という感情」についての考察(←偉い子みたい)
これもずいぶん時間予算使っています。
 
いろんな書籍を読んだり、人に聞いたり(聞くんですよ私)
自分がなにに嫉妬したりうらやんだりするのかとか、
おりおりにチェックしてメモに取ったり。
そんで時々「まとめ」を夫に発表したり

で、自分的に納得いく答えが出ると一旦終了。
次の「悶々事項」にシフトします。

「どうせウジウジ考えるなら、それも楽しめ」というのが
うちの夫の言い分なので、
ウジウジ考える時はそうさせていただいております。

で、オチというわけではないのですが、
この「悶々」の研究成果はその後うちの作品にて
発表させていただいているという。

いやだって、使った分の回収は…