以前描かせていただいて、ついこの間「シルキー涙増刊」でも再録された「あの輝きの向こう」という作品の続編のための取材に出かけました。

「あの輝きの向こう」
重度障害で生まれたあきちゃん。
見えない、聞こえない、動けない…
でもそのあきちゃんを育てる神鳥さんご夫婦は、小さな奇跡を見つけていく。
私は漫画描きで文章書きではないので、そう思った気持や、あきちゃんや、あきちゃんパパ・ママの魅力を、ここで伝えることができないのが悔しいです。
「あの輝きの向こう」〜「シルキー涙増刊7月号」…古本しかないですが
続編は来年になりそうなので、是非読んでください!

そうそう、取材の話しです。
今日はあきちゃんの通っている「生活介護事業所〜第二杉の木園」に行きました。
ちょうど、音楽をみんなで楽しんでいるところに入ったら、そりゃもう笑顔のあきちゃんが目の前にっ!
そして、あきちゃんもだけど、入所者の人達が楽しそうで。
側のソファに座った私に、入所者の人がバッとタンバリンを渡してくれました。
えっ、私も入れてくれるのっ?
ええやりましたよ。シャンシャンパンパン、ノリノリで。
た…楽しいじゃない(マジ)

その後は休憩して、みんなとお昼ごはん。

そんでもって午後はみんなは「調理作業」
ミキサーで三種類のジュースを作って味見して、一番人気を決めるのです。
一番は「バナナとヨーグルトと牛乳と砂糖」のジュース
二番は「バナナとみかんと砂糖とお水少々」のジュース(これシャーベットにいいお味)
三番は…これね、なんていうかチャレンジャーな人のみ味見
   「ゴーヤと豆乳と砂糖」のジュース

ちなみに、チャレンジャー用に「ゴーヤと牛乳と砂糖」のジュースもあったけど、それは私さりげにリタイアしました。だっておもいっきしゴーヤ入れているのを見たもん。
あ、ゴーヤ豆乳ジュースはちゃんと飲みました。
そして、多分、青汁やゴーヤ大丈夫な人は大丈夫。
むしろ美味しいと言うかも。(それなりに受けていました)
ゴーヤ好きな方はお試しあれです。

それから、残り時間を使って、みんなの似顔絵を描く私。

本日描けなかった方の分は、宿題として持ち帰りましたが、みんないい笑顔なんですよーーホント。
おだやかな空気。笑顔の多い施設。
なんかね、一緒にいてこっちも笑顔になってるんですよ。

そこで、色んなお話しもして、
それはやっぱり文章よりマンガでいつかお伝えします。