本日は〆切りまで後2日という原稿と格闘中でありながら
「おそらくここ数日で〆切りのはず」のショートを描かねばと
そのネタのことも考えて焦っておりました。

4p作品なのだけど、ネタをどうしようとウガウガ。
ネームにする前にネタOKもらわねばとネタ出ししてFAX。

手元の原稿と、ショートの原稿と同時進行だなぁ…とか考えつつ
作業していたところにショートの担当さんからのお返事。

無事通ったところで
「正確な〆切りとタイムリミットを教えて下さい」と聞いたら
「◯日でだいじょうぶです」と言われ、その瞬間
神様ありがとう〜〜〜っ!と感謝した私。

そう、それは今やっている原稿の〆切りの後の日だったのですよ。

どうやらこちらの状況を知ってらっしゃるような空気を感じたので
情けをかけていただけたのでは…と思うのですが
そういう情けはありがたくお受けする私なので、はい。

ともあれ、担当さんの優しさにお返しするのは原稿で、と
がんばるのであります。