茶道を私が辞められない理由はこれかもしれないです。