時々、思いついて千円とか二千円とかを
使っていないお財布や封筒に入れてしまっておくことがあります。
コレを私は「リス貯金」といいます。
何故「リス貯金」と言うかといえば、リスはどんぐりを隠すけど、
自分が隠した場所を忘れると聞いたことがあるからです。
つまり私は「自分がよけたお金を隠したことを忘れる」という習性があるから。

で、忘れられたリスのどんぐりはいつか芽が出てくるらしいのですが
私の「リス貯金」は、ほんっとーーーに忘れた頃に自分で発見するので
思わず現れたお小遣いのような幸せな気分になれるのです。

そして今日。
カバンの普段開けないポケットを間違えて開けたら封筒が…!
中には買い物したレシートとそのお釣りの千円札が三枚っ!

うーわー 神様がくれたお小遣いみたいだーーー

と喜ぶ私。

でもそれ間違えてるから自分。
そう突っ込むもう一人の自分がいるけれど、うかれた自分には敵いません。

そして、もっと遠くで自分に突っ込む声
「あんた、以前リス貯金じゃなくて、ちゃんとよけたへそくり出てきてないよ。
しかも財布ごと。いいのかーいいのかーーー」

そんな声はシカトして、今日はその千円札にちょっと足してヘアカットしてきたのでした。