うちは子どもは一人です。
彼は自他共認める残念ぶりをもつ男。(伝説はたくさんある)
天然のボケが入っているというのでしょうか。
夫に言わせると私のDNAの仕業だそうです。

そんな息子でありますが
母的にちょびっと自慢なことがあります。

それは彼が小さい頃から現在まで
一度も私に「お母さんだから」とか「お母さんなら」からくる
「あるべき」とか「すべき」とか求めないでくれていること。

彼がこちらに希望するのは「ちゃんと話してくれること」

まあそれだけなんですが。
こっそり「いいじゃないか君」と思っているというお話。