読者には声が小さい読者や、声のない読者の人がたくさんいる


ごくたまに

うちが描いている作品の対象読者の人たちと会話する時

こんな声が聞こえてくる


「家事と仕事の合間に、ちょっとだけ読んで

ホッとして、また日常に戻るの

感想はあっても、それを書く余裕がない…

でもね、読みたいって思っているよ」

って言葉。


声を上げることのない読者さん

でも必要だって思ってくれているから

その存在が今まで描かせてくれているんだなぁと


だから、ホント描くよ

描いていける間はがんばって

「ちょっとだけホッとする」時間を持ってもらえるように。


まるで片思いのラブレターみたいだなぁとか

そんな風に思いながら次の作品のお話考えていたりする。