コーヒータイムの時、夫がポソリと言いました。

「あんたBLの作家さんたち応援するってって、ただRTしてだけじゃ大して応援できないんじゃね?」


グッ…それは薄々というか、実はそうだよねと思っていたことなので

「はあ…そですね」という頼りない返事。


「も少しさ、応援するなら本気で役に立つこととかしてもいいんじゃね?」


「あの…それはどういうてん?」おどおど。


「あんたがBLハマった当初「なにから読んでいいかわからない~」とか悩んでいたじゃない。そういう人にわかりやすい情報サイト作るとか、いろんな好みの方向からアクセスしやすいサイトつくるとか。そうして読者さんが増えるのっていんじゃね?」


「全くその通りだね夫。」ポンと手を打つ私。

しかし

「でも、それ、あの、私のキャパを超えそうなんですが…」

そのまま声は小さくしぼみ。


「まあ別にしろって話じゃないから

ただそう思っただけ。」



実は私がBLにハマった時も「趣味なら本気でやんなさい」と言った夫ですから

今回「BL作家さんをちびっとでも応援したいです」という私の言葉を受けて

「本気なら」と言ってきた言葉なんだろうと推測。


「私、夫に試されているのか?

BLへの愛を試されているのか?!」


そして少ない脳みそで考え中~~


取りあえずは、ツイッターで愛を語ろう。
22013ツーショット