長いですが、福田妻サイドからの「うちの形」補足です。

二人で一つのペンネームとかってやつの説明をうちの夫が書いとります。

よく聞かれることでもあるんですけどねホントこんな感じです。


それにちょっと私から補足をば。


福田妻…つまり私の方は昔っから漫画好きなオタクでしたが

福田夫の方はまるでオタク色のない人でありました。


なので一緒になるまで私はせっせと趣味の漫画描いていて

夫はフツーにお勤めの人でしたよ。


いやフツーよりワーカホリックな人だったのか?


一緒になった頃も、夫が勤めに出ている間に私は趣味で漫画を描いて、

入賞しても実は趣味の延長でお仕事になればいいな~とゆるく考えていたんですよ。


それがですね、まさかの夫倒れる!

その時期にちょっと価値観の変化がありましたんですわ。


なにがっていうか

倒れて復帰できないかもと言われた時に

それまで仕事して収入や安定を得てこの先を考えていたものが

あっちゅうまに消えるって体感したわけで


「だったらなにが起きるかわからないなら、好きな暮らし方を選んでおいた方がいい」


というのがその時思ったことなんですよ。


そんで、じゃあどういう暮らし方を…とか考えていたら

夫が出版社のちょいえらい人と話す機会があって

その時に「漫画は仕事としておもしろそうだ」と思ったようで

「家業で漫画家ってやれないか」という話しになったんですよ。


正直「趣味の漫画」と「仕事の漫画」は私的には大違いなんですよ。


私はのほほんと「描いて載ったらうれしいな~」って感じだったんですけど

なにしろ二人でやるってことは、家庭の全収入がそれですから

そんな気分じゃ食ってけませんです。


そんで夫の説明となっていくわけです。


デビューして間もなく息子ができたんですが

この時も仕事と同じく「二人で」でしたから(いや、むしろ夫は「育児したい」派で

私は「乳幼児とはつきあいができるか自信ない」派でしたけど)

田舎町の公園でうちの夫は「ママ友」がたくさんいるという、ちょっと珍しい存在となっておりました。今から24年前のことです。


レディースコミックというジャンルで

私自身が感じたジェンダーの問題や育児の問題、さらには自立の問題とか

はてなと思った事をうちの夫に投げると向こうから返してきて、

そんであーだこーだと言いながら漫画の素を作っていっているのが基本という感じ。


そんな~こんなで~

まるで漫画のような生活をしつつ食ってきました福田です。


【おまけ】

ちなみに妻が「BL好き~」とか言い出した時には

「すまん、いろいろと調べてみたが、それは一緒に考えてやれんかもしれん」と申し訳なさそうに夫。

「えっ、あんた調べたりしていたのっ?」と私。

「まあ一応」「昔はゲイの友人も結構いたから別に抵抗とかないだが、BL漫画は難しいわ」という返事が。


…あんたえらいねぇ。

その時は本気で思いましたよ。