ちゃんとモト

「福田素子」は「幹」と「モト」夫婦二人のペンネーム。 ここは二人で管理するブログです。
マンガ絵日記、趣味のイラスト、ねこ話、もちろん仕事のお話も。

カテゴリ: 電子書籍

Kindle Unlimitedスタートとなりました

Amazon 月額980円でコミックや雑誌を含む和書12万冊
洋書120万冊読み放題!

さっそくうちも登録してみましたが
活字中毒に近い夫はいそいそ読みまくり
私も登録は済ませたので後でゆっくり見てみようと
思っています。 

興味あるけど…と思う方
自分の好きなジャンルの本や作品があるか
無料期間の30日の間にチェックしてみるといいかもです

んで、Kindle Unlimited
うちのKindle作品も入っています
17
対象作品のところにはこんな感じで表示されます。
もし会員になられたかたは
どうぞこの機会にぜひぜひ〜\(^o^)/
「空への手紙」全巻
「きりんが丘のココロ屋」全巻
「愛情物語」2巻
「橘屋繁盛記」全巻
「いっちゃんの保健室」1巻
「たかが結婚 されど結婚」全2巻
「新婚さんのミステイク」
「コンビニエンス家族」
「魔法使いの願い事」全3巻

「もっこちゃん」(これはKindle Unlimitedでなくても無料です

Kindle Unlimitedの紹介記事
ブログランキングに参加しています。よろしくおねがいします。

↑クリック↑
ブログランキングならblogram
↑クリック↑
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
↑クリック↑
↓ こちらもよろしくお願いします。↓
このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

先日配信になった「新・橘屋繁盛記」の紹介文を書くために
刷り出しをめくっていたんだけど、
ふと思い立って使っている電子書店でを買って改めて読んでみました。
電子になって内容が変わるわけでないんですけど、
こうして読める形になってくれたとじんわりうれしい(*^^*)

既に配信中の「橘屋繁盛記」の続きですが
「新・橘屋繁盛記」の一話は今から2005年の秋頃に描いたもの。
キャラの顔もそれなりに変化しています(^^;)

先日お知らせしてから配信先も増えていたので
そちらもご案内
 
「新・橘屋繁盛記」壱
3作品収録
「オヤジの恋文」
20160708
かほるが入院することになり
親父は入院前に店を閉めると引退を宣言。
それを聞いてかほるは聡美のうちに家出してー
オヤジとかほるのラブラブなお話をお読み下さい
そしてやはり橘屋の最強キャラはかほるさんだなと
 
「孫ルンバ・ジジルンバ」
宗一郎が幼稚園に行きたくないと言い出し橘屋へ家出。
商店街では駄菓子屋の孫娘・千里が補導されて大騒動…
そんな子どもたちと、すれ違う母親たち
そしてジジ達ー
大事なものはなんだろう…?

オヤジたちに聞いてください(*^^*) 

「宗一郎3つの呪文」
迷子になった宗一郎が聡美と間違えて飛びついた女性は
実は人生に絶望して自殺しようと思っていた
しかし宗一郎に連れられて行く道行で彼女は
大切なものを宗一郎から教わるのだった

いつも親父が宗一郎に言い聞かせている3つの大切なことは…

改めて橘屋のみんなに会ってやってください\(^o^)/ 

【現在わかっている配信先です】
honto
http://honto.jp/ebook/pd_27940927.html 
よみうり堂デジタル
https://hon.yomiuri.co.jp/asp/ShowSeriesDetail.do?seriesId=MBJS-241336
BOOK WALKER
https://bookwalker.jp/de4cb7b345-6f6f-4e2e-9871-f603a3cc728f/新橘屋繁盛記-1/
ドコモ dブック
http://book.dmkt-sp.jp/book/detail/book_type/010/title_id/0000205853/
ブログランキングに参加しています。よろしくおねがいします。

↑クリック↑
ブログランキングならblogram
↑クリック↑
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
↑クリック↑
↓ こちらもよろしくお願いします。↓
このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

*「言えなかった ありがとう」続編
が、まんが王国さんにて先行配信となりました。
 01
先日告知した「言えなかった ありがとう」の

番外編として描いた二作品とショート作品が収録されています

亡くなられたお母さんの視点に立ってみた作品と
守られていた実家を出て病院に暮らすことを選んだ早野さんは
自分の居場所を作ろうとして奮闘する~という作品。

ショートは早野さんとの対談をマンガにした
「あなたのとなりに」が収録されています。
 

早野さんのお母さんサイドの作品はお母さんが
主人公として描きました。

早野さんの半生を書いた作品と伝え聞いた話から描いた
「言えなかった ありがとう」本編に生まれたお母さんが
本編で言いたくて描ききれなかったことを描きたいと
企画を作った作品です。
これを読んだ早野さんが「お母さんがいる!ありがとう!」
うれしくて泣いたよと言ってくれたのが思い出深いです。


そしてもう一つの番外編

何度も言いますが早野さんと話していると、
彼女が障害を持っていてもいなくても共感できることが
すごく多いのです。
人との関わり方や自分との関わり方
依存ではなく頼るということの意味…


まんが王国→「言えなかった ありがとう」


*「新・橘屋繁盛記」
配信始まりました~

18

白泉社「シルキー」にて1992年~1995年まで連載した
「橘屋繁盛記」が連載終了後「15の愛情物語」(あおば出版)にて
2005年から2006年まで連載された「新・橘屋繁盛記」
電子書籍になって配信が始まりました。
全7巻の予定で月一ペースで配信されるそうです。


「橘屋繁盛記」は電子書籍として配信されているのですが
その続きの作品がコミックスにも電子書籍にもなって
いなかったのでお問い合わせいただいても「すみません」しか
言えなかったのですが、電子書籍という形で読んでいただける
ようになりました。


まずは現在hontoさんにて配信されているそうです。
今後 各電子書店さんで配信される予定です。

honto「新・橘屋繁盛記」・壱


ps「橘屋繁盛記」は各電子配信サイトで配信されています

ebook japanさんはこちら 

Kindle版はこちら 

まんが王国はこちら 


その後「15の愛情物語」(メディアックス)にて
2007年~2015年まで連載された「続・橘屋繁盛記」
続けて出していけるということです\(^o^)/

 
*そしてebookjapanさんから配信されKindleにもなっている

「あなたに逢えてよかった~いのちの詩~」
まんが王国さんでも配信になりました。
27

早野さんの詩とおしゃべりが元で作られた作品です。


まんが王国さんではこちら

ebook japanさんではこちら


今後も毎月なにかしらお知らせができると思います
よろしくお願いいたします。 

ブログランキングに参加しています。よろしくおねがいします。

↑クリック↑
ブログランキングならblogram
↑クリック↑
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
↑クリック↑
↓ こちらもよろしくお願いします。↓
このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

今日ebook japanさんの担当の方とお話していたら
Kindleの話になって、その関連の話から

「ところで無料コンテンツの
「もっこちゃん」2014年の12月から
配信始まってこっち
うち(ebook japanさん)で出してる
KindleのDLずっと1位です」

と言われました。

えええーっ!
ほんとにっ?!
すごっ!

21
続けて「無料なのでロイヤリティないですが…」
言われましたが関係ないですよホント!

だってあれは「沢山の人に読んで欲しい」と思って
自分ちのサイトでアップすることも考えていたんですよ。
それを広く配信してもらうだけでもありがたいし
それが毎月ずっと1位とか!(;▽;)
ひゃっほーいです!

正直自分たちの作品がどれだけ読んでもらえるかという
不安をいつも抱えているわけで
そんな中、こういうお話は嬉しいだけじゃなくて
描いていくという気持ちにパワーもらった気分です。 

あんまり嬉しいのでブログ記事書いてしまった(^o^)

Kindle版「もっこちゃん」はこちら

ちなみにうちで作っていた電子書籍ですが
先日納品してebook japanさんでは来週くらいに配信になるそうです。
まんが王国さんでもしばらくして配信となります)
今後毎月一つは納品していく予定ですので
単行本になっていない作品を毎月電子でお届け出来ると思います。

まずはドキュメンタリー物を二作品納品済ませております。

そして今はココロ屋の単行本になっていない分をまとめています。
電子書籍十数巻分あるのでまずは1巻を。その後続けて出せたらなと。
「続ココロ屋−1」というタイトルになる予定です。
その他シリーズ物に読み切り作品いろいろとお届けいたします
よろしくお願いいたします〜\(^o^)/
ブログランキングに参加しています。よろしくおねがいします。

↑クリック↑
ブログランキングならblogram
↑クリック↑
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
↑クリック↑
↓ こちらもよろしくお願いします。↓
このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

配信始まりましたー\(^o^)/
「言えなかったありがとう」
原作・早野香寿代 作画・福田素子
16

筋ジストロフィーという難病を抱えた早野香寿代さん
とある講演会で彼女の半生を書いた本に出会って
その本の中の早野さんに惹かれて漫画化させてもらった作品。

単行本は出ているけれど、電子書籍にはなっていなかったこの作品
このたびようやく配信となりました。

この本を漫画化するにあたって
難病・障害を乗り越えというのではなく
病気もなにもかも全部含めての早野香寿代さんという
一人の魅力的な女性の生き方を伝えたいと思いながら
描いていました。

実際に彼女の元にはたくさんの人が相談に来ては
励まされ、元気をもらって
顔を出した時はしょぼんとしているのに
帰る時は笑顔になっているんですよね

という現場に何度か立ち会ったことがあるもんで
そういうところも作品に出たらいいなーと

単行本が出たのが2003年
それから13年も経っているんだとビックリです。

その13年の間に早野さんとは友人になり一緒に
いくつかの作品を作ってきました。

それらの作品も今こちらで電子書籍化を進めていますので
遠くなく配信できるのではと思っています。

早野さんは現在はもう講演会に出向けないので
早野さんのおしゃべりを気持ちを作品で伝えられたらという
気持ちもあります。

この十数年何度も危ない状況になり、それを乗り越え
病院の先生たちからも「奇跡の人」と言われるほどの
早野さんでしたが昨年かなり危ない状況になり連絡を受けて
病院まで飛んでいきました。
しかし、それも周囲の人が驚く中こっちに戻ってきてくれましたよ。 

作中ではおしゃべりな早野さん
現在は呼吸器を付けて会話が難しい状況ですが
それでも、相変わらずの意志の強い目。

私はあいにく口唇術とかできないのですが
彼女の口の動きに「〜?」と問いかけると
イエス・ノーをまぶたで返事をしてくれるという

そういうわけで会話はすごく時間がかかるし
果たして会話が成り立っているのかという感じですが(^^;)
「戻ってきたのはまだやることがあるってことだよね?」
と彼女に問えばまぶたで返事が返ってくる。
「うん」 

そんな彼女に「作品が配信されるよ」と伝えたら
お姉さんと一緒に喜んでくれましたよ。

一人でも多くの人に彼女を知って欲しい
私と夫の大事な友人のこと
11

おっつけebook japanさんからも配信予定です

関連記事



「「言えなかったありがとう」について
http://motokochan.doorblog.jp/archives/47940.html
ブログランキングに参加しています。よろしくおねがいします。

↑クリック↑
ブログランキングならblogram
↑クリック↑
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
↑クリック↑
↓ こちらもよろしくお願いします。↓
このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

「ティンカーベルは王子を惑わす」
完結いたしました〜
作画・ふくだもとこ 原作・ミランダ・E・ファロン
26
去年から電子で連載させていただいた「ティンカーベルは王子を惑わす」
最終話が4月22日にRenta!さんより先行配信になりました→こちら
25
王位継承なんてまっぴらで逃走した王子(ややななめ)
を拾ったのは超絶お人好しの女の子。
そんな2人のロマンティックコメディです。
読んでほわっと幸せな気分になっていただければ〜♪

読み切り連載ばかりやっていたので、こういう引きのある連載は
ほんっと毎回試行錯誤でしたが
終わってみたら主人公カップルや他の登場人物たちに
「ちゃんと幸せになるんだよ〜」という気持ちばかりであります。

次にこういうお仕事があるかは未定ですが
ロマンス物としては雑誌の方での予定がありますので
そちらもよろしくお願いいたします。
↓連載中の宣伝絵です 
ティンカーベル・告知
11
19

2話目宣伝
他配信サイトさんから順次配信になります

ふくだの電子でのロマンス物「魔法使いの願い事」
よろしくお願いいたします
ブログランキングに参加しています。よろしくおねがいします。

↑クリック↑
ブログランキングならblogram
↑クリック↑
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
↑クリック↑
↓ こちらもよろしくお願いします。↓
このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

電子でお仕事始めたのは最近のことですが
電書を読み始めたのはそのちょっと前くらいからでした。
KindleはAmazonの登録してたので簡単だったんですけど
各電子書籍販売サイトさんでの登録とか支払いとか
実は「読みたいのがあるけどめんどくさそう」と思ってまして…(^^;)
読みたいものが増えて登録するかぁといくつかトライ

でも私がめんどくさそうと思うってことは
他の人もそう思っている人多いんじゃね?と思い
そしたら友人知人の同年齢あたりは「うんうん」だったという。
こりゃいかんわ
そこで私より電子書籍使っている息子に指令をば
19
というわけで以下 指令を受けた息子に説明してもらいました
結構真面目に書いてくれたのでここに載っけます

*****************************

電子書籍を使ってみようと思ったけど、なんだか面倒。

あるいはよくわからなくて不安。

そんなことを感じた経験ありませんか。


もっといろんな人に電子書籍を読んでいただくために、

この記事を作りました。

皆さんの助けになれば幸いです。


電子書籍サイトはいくつもあり、サイトごとに登録の方法も少し違います。

でも、基本的なものはほとんど一緒。

どこか一つのサイトに登録出来れば、他のサイトもきっと大丈夫です。


まずはRentaさんの登録をやってみましょう。
image1

必要な項目は6つ。住所も電話番号もいりません。

順番に見ていきましょう。


:ログインID

こちらには、登録したいメールアドレスを入力します。

携帯電話やパソコンがあれば、それに元々あるアドレスで構いません。

ただ、もしも情報流出などが不安ならgmailをおすすめします。

すぐにメールアドレスを作れて、googleの管理なのでセキュリティも安心。


:ログインパスワード

好きな半角英数字で構いません。

ただしセキュリティの問題から、10ケタ以上がいいでしょう。

また、英字だけ。数字だけ。というのはお勧めしません。

英字+数字。できれば、英字は大文字と小文字を併用。

こうすることで、パスワードの安全性はグンと上がります。


:ニックネーム

好きな名前を入れてください。

本名が推測されそうなものは、避けたほうがいいかもしれません。


:性別

ご自分の性別をチェックボックスで選んでください。


:成人向けコンテンツの利用

いわゆるアダルト作品を読む場合にはこちらにチェックが必要となります。


:生年月日

枠をクリックすると、自由に数字が選べます。

ご自分の生年月日を選択してください。


すべての項目が埋まり、登録するボタンを押すと次のページに行きます。
image3

このページが表示されたら、登録したアドレスにメールが届いているはず。

内容はこんな感じです。パピレスというのは、Rentaの関連会社。

同じ電子書籍を扱うところなのですが、こちらは文字の本がメイン。
image2

そしてメールから登録画面URLのリンクをクリックすると
image4

こちらの最終確認の画面に来ます。

ここでパスワードを入力すれば登録完了!

案外、簡単ではなかったでしょうか。


登録が済めば、Rentaさんで販売している本が購入できます。

いきなりお金を払うのはちょっと…という方には、

無料の本も用意していくれています。

キャンペーンなどで期間限定のものが多いですが、読み応え充分!

まずはこういったもので、電子書籍に慣れていくと
いいのではないでしょうか。

支払い方法

20
成人向けはbitcashかクレジットカード

カード利用の際の画面
44

Bitcashの確認画面
49

電子書籍を買うのに慣れないうちは、bitcashをおすすめします。

コンビニで決まった金額を買うだけでよいので、

カード番号の流出などを心配する必要がありません。

コンビニの端末での操作も簡単ですし、

お金は普段買い物をするみたいにレジで支払うだけ。

電子書籍以外でもネット上のサービスを使うことがあれば、

覚えておいて損はないと思います。


デビットカードVISA

こちらは、クレジットカードと同様の使い方ができるカード。

ただし、お金を借りて払うのではありません。

カードに登録した口座に入れたお金の分だけを使えるカード。


webmoney等は成人向け以外でしか使えません。

ただ、広く普及している電子マネーですから
他のサイトとも併用しやすいです。

 

 *****************************
 
ということです。
なんでRenta!さんかと言えば、
うちがそこで先行配信の作品を描いているという単純な理由ですが(^^)
でも概ねこんな感じかなということで。

私も始めてみたら電子書籍で読む本が増えてきました
キャンペーンとか普段読まない本にも興味が広がってなかなかに
面白いです。

おまけ・「ティンカーベルは王子を惑わす」Renta!さんにて先行配信中〜 
25
 

ブログランキングに参加しています。よろしくおねがいします。

↑クリック↑
ブログランキングならblogram
↑クリック↑
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
↑クリック↑
↓ こちらもよろしくお願いします。↓
このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

このページのトップヘ