ちゃんとモト

「福田素子」は「幹」と「モト」夫婦二人のペンネーム。 ここは二人で管理するブログです。
マンガ絵日記、趣味のイラスト、ねこ話、もちろん仕事のお話も。

カテゴリ: 日記

若い頃「ちゃんとおかあさんしよう」と
一生懸命に子育てしてた

しんどくても大変でも
それを押して頑張るのが
子どものためだと思ってた


しんどくてもがんばる理由は

「あなたが幸せになれますように

あなたがいつも笑顔でいられますように」


だけど伝わったのはもしかしたら


「おかあさんは大変だ」

「おかあさんが仕事するのに自分がじゃましているかも」

だったんじゃないかとかその時を過ぎてふと思う


だって「しんどくてもがんばる」姿を
見せているんだもん


笑顔でいて欲しかったなら

自分が笑顔になれることをすればいんだっていう

すごくシンプルなこと

随分遅くなったけど気がついた

だから今は「なんとなくしんどい」を感じ始めたら

それがどんなに良いことでも

「それ間違えてるよ」って自分に言う


そうして夫から言われた言葉が脳内で再生

「しんどいことは続かない

大変なことは続けられない

やりたいことを続けたいなら

楽にやれる方法を考えなさいよ」


自分が楽しく笑える方法…考えるかぁ
P1000168

以前妊婦にゃんこを保護したと書いたのですが
(記事はこちら

それから一ヶ月…

旺盛な食欲、ぐんぐん大きくなるお腹
IMG_2534-COLLAGE

そろそろ出産か?!となってから延長…

我が家では「想像妊娠か?」という疑いもでていたくらいで


どうにも不安になり、保護した時にお世話になった獣医さんに連絡したところ

「事故にあった猫は骨盤を痛めたりして出産ができなくて亡くなることも(親猫が)あるんだよね…」と聞いて本日あわてて検査に連れていきました。


レントゲン検査して待つことしばし…

呼ばれて説明を受けて驚きの事実が


結論

「赤ちゃんはいません」と先生


「えっ!じゃ、じゃあやっぱり想像妊娠ですかっ?!」
驚きながらもやはりと思う私


しかしそれでもなくて…

「巨大結腸症」という病気と判明


これね、簡単に言うと重症な便秘

でもね簡単じゃないのです…説明むずかったので
写メらせていただいたのがこちら

IMG_3350

ネットで見つけた説明はこちら http://www.petwell.jp/disease/cat/kyodaikecchou.html


先生とお話して「完治しない」「ずっと手づくり食事でケア」が必要

現在毎日 排便しているのだけど、これがまるで出なくなったら
命にもかかわるんだとか。


保護してから現在までの様子を伝えて

「妊婦を間違える食欲と体型の変化」については


「先天的なものと、環境的に飢餓状態だったと思うよ。
その状況が「いつも飢えている」ってなっているんだろうね。
日常のケアで完治しなくても改善できるけど、ともかくケアしてね」


そして、にゃんと共に戻りまして、夫と話たところ

「今後手づくりのご飯作るとかケアが大変になる子の
里親さんになってとは難しいなぁ」となり
「これはもう実家猫の子たちと一緒にするしかないかぁ…」
という流れになっていまして…
お部屋に入れたら探索始める保護にゃん
それをじっと見つめるミチ(^^;)

IMG_3353
よってくる保護にゃんに「挨拶したるわ」のミチ
IMG_3356
我関せずのチー  …ぐうぐう
IMG_3358

想像ナナメ上の展開となりました。


ネット上で出産を楽しみにしてくださった方

里親さん候補になってくださった方

残念なことになり、すみません。

でも獣医さん曰く

「出産してこの子が命を亡さなかったと思って

あと、この状態だから検査して病気がわかったんだからヨシだよ。

まあ普通に触ったら妊娠していると思っても
仕方ないほどのお腹だね」ということでした。

まったくです。


そういうわけで、この先のことはこれから考えることにして

とりあえず今はうちの実家にゃんと同居となりました保護にゃん。

名前を付けることになりそうです…


あとですね、事故にあったニャンコの場合は

・妊娠中だったらできれば中絶させる

・妊娠しないようにする(避妊手術)

と獣医さんのお言葉。

というのも事故で骨盤を痛めた猫は骨盤が開かず
(骨折後着いたが癒着して開かないとか)
そのまま仔猫とともに亡くなる症例が大変多いとのことでした。


今回のにゃんは保護した時に
「どうなるか(助かるか)わからなかった」ことと
「妊娠は疑いだったのと野良だったのと」で
そこまでの話しにならなかったんですね…。


「あの、今の話ブログに書いていいですか?
事故にあった子の出産は母体の命に関わることになる例が
多いっての」と聞いたら
「いいよ。本当にそういう子多くて。
帝王切開とかもねきちんと仔猫の状況を把握しないと
うかつにできないからねぇ…
あと出産になると早いから病院の処置が間に合わないことが
多いんだよ」と言ってらしたので、ご参考までに。

ブログランキングに参加しています。よろしくおねがいします。

↑クリック↑
ブログランキングならblogram
↑クリック↑
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
↑クリック↑
↓ こちらもよろしくお願いします。↓
このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

ここ数日、アトリエオープンのお祝いいただき
その品々に込められた気持ちがうれしくて(;▽;)
贈り物を選ぶ時、選ぶ人の心の中にアトリエのこと、
私たちのことを思ってもらえていた時間がある。
そのことがなによりもうれしいのでした。
IMG_2921-COLLAGE (2)
そして訪れてくれる人たちにも
扉を開けるまでの間には
思ってもらえた。
考えてもらえた。

それはとてもすごいことだと知っているので。

昨日来た方に声かけられてと言って
訪れた方がいて
「わぁ!すごい!ありがたい!」とただうれしくて。

今までとまるで違う動きの生活
緊張と不安と
でも新しいもらいものがたくさんで

オープンから数日
「ありがとうございます」は増えるばかりです

昨日はオープンアトリエのオープンの日でした

初日にあったのは「マンガ教室」

自宅から移転して最初の教室です

当日誰が来てくれるだろう…と

期待と不安とないまぜで準備に追われていましたが

招待してもいないのに大型台風が来るぞという情報が!

しかもアトリエギャラリーを使っての

最初に開催される個展が7日から

大型台風の進路にバッチリと!!

IMG_2711
しかし、台風に進路を変えてもらうほどの交渉力もなく

「忘れられないスタートになるわぁ(笑)」と笑い


そしてオープン当日

まだ誰も来ない準備の時間

不安はアトリエに広がる花の香に消されていました


ネットでお友だちになって、アトリエのことを応援してくれていた

漫画家さんからのお花のエール

IMG_2749
↑葉月つや子さん(@nobuko58364135 )から作品のように華やかなアレンジメントが
9F642AC1-A79F-4A6D-9A8F-E80103235C7F-COLLAGE (1)

↑葛井美鳥さん(@mitori_f )と梶本潤さん(@unta0430 )から
かわいらしい色合いのお花のスタンドがドーン

一緒に風船のセットもいただき
風船ふくらませてデコレーション\(^o^)/
お花と一緒に届いたエールにはげまされ(๑•̀ㅂ•́)و✧と

IMG_2754-COLLAGE
↑商店街のお花屋さんからのお祝いと友人からのグリーン(;▽;)アトリエの空気が気持ちいいーーヽ(=´▽`=)ノ


そして「マンガ教室」の時間になり…

一人、二人と「おめでとうございますー」という声も

数人の人たちは手に手におやつ持参「みんなで食べましょう♫」

C6903196-ECC3-47D5-9B72-235EDF341244-COLLAGE

おやつたくさ~ん(他にもまだあったのです)
小さい生徒さんも大きい生徒さんも

楽しくお絵かきとおしゃべりと

B5763AF1-B396-4C19-AC3B-3A13FF600AA6-COLLAGE
生徒さんが「マンガ教室だけでなく物作りできて展示ができる場所いいですね!」と喜んでくれたのがなにより嬉しいお祝いの言葉でした。


オープンアトリエ、今後も少しずつやれることを増やしていきたい野望

創る楽しさが広がる場所になるようにがんばっていきたいと思います。


twitterやFacebookでもお祝いの言葉をたくさんいただいて

見ていてくれる人がいるということがものすごく力になるのだと思った今回のこと。

どうかこれからも見ていてくださるとありがたいです。

****ところで

明日からはWAKAKOさんの初の個展がスタートします

お近くの方、ぜひ観においでください。

期間中は作者在廊で制作しているので制作現場も見れますよ~♡

WAKAKOチラシウェブ用


本日はオープンアトリエのオープンの日でした。
その記事はまた改めて書きますが

職業柄周囲にフリーランスの人も多く
またフリーランスを目指す人に相談を受けることも多いです
そんな人達に(もちろん私自身も)オススメの本が出ました

クリエイターで食べていく!! 複業でサバイブ!
『器用裕福のススメ』
(トークメーカー新書Cheers!) Kindle版
こちら
8月5日配信スタートです
(Kindle Unlimited 読み放題対象になっています)
41

これ創作を仕事にしたいという方には絶対にオススメです!
というか、座談会にゲストで呼んでいただきましたけど
私自身がとても役に立ったというか
たまたまですがとてもタイムリーなお話でした。
(ちょうどオープンアトリエを進めていた頃で
マンガ以外の仕事もやろうと思って準備していたところだったのです)

この本のオススメポイントですが
Kindleでの紹介文の中からもくじの抜粋があったので
それを引用させていただいた方がわかりやすいなと

以下 Kindleでの作品紹介文から引用です⬇

内容紹介(もくじから抜粋)
■ 自己紹介とそれぞれのいままでの仕事紹介
■ マルチワークの原点はヒューマンスキル
■ 大切な出逢い、そして持ち込みしまくる人生
■ マンガ家は実はつぶしがきく!?
■ 「自分が好きなもの」を「自分の力」で「ある一定の読者に届くように」
■ 講師の仕事やワークショップでインプットしマンガでアウトプット
■ 二足のわらじは人間関係から
■ ダブルワークの気持ちの切り替え
■ マンガを描く人はこれからライブみたいに展示するのも面白い
■ ネームのコツを教えてください
■ ゲストトーク! 福田素子先生・柏てん先生
■フリーランスとして・スキルを磨いて二足三足のわらじ!
■それぞれのスキルアップ戦略
■モチベーションを保つ・複数ワークのメリット
■フリーランス作家は仕事を選べるか?
□Q&A
■ メインの仕事とサイドの仕事・時間配分と各仕事の報酬額
□Q&A
■営業活動の方法
 ◆オリジナルのマンガを売りたい場合の営業方法・belne先生のアンサー
 ◆イラストを売り込みたい場合の営業方法・belne先生のアンサー
 ◆ポートフォリオメインでどんどん持ち込み・藤沢先生のアンサー
 ◆見本の絵を用意してアポ取り、編集部へ・ふくだ先生のアンサー
 ◆既刊とレーベルに合致したプロットを持って・佐々木先生のアンサー
■クリエイターの生存戦略・創作相談相手は?
■漫画講師になりたい!
■漫画教室で教えるということ
■持ち込みにはコミュ力
■東京在住のクリエイターは有利か?

オープンアトリエ・もとちゃん
オープンまであと少し
でも誰にも知ってもらえないと
誰も来てくれないので
地元佐伯市で小さな告知イベントを
開いています。
7月27日〜30日

27日のワークショップは漫画家でイラストレーターの
寺島ヒロさん(@terashimahiro )
「お店に置ける!自分で作るプロフィールZINE」
「ZINEとは少ページ冊子のこと
お店のフライヤーとして個人の名刺代わりに
使い方はアイデア次第で無限大!」

ってコレ
平日昼間だし来るのは大人かな〜と思っていたら
開けてみたらお子さんの方が多め

寺島さんは自営業の方とか来るのかなと
「名刺やプロフィール」と書いていたみたいだけど
実際にみんなが作ったのは…

ミニ絵本〜❤(ӦvӦ。)
IMG_2484-COLLAGE
これマジ楽しかったですわ!
あ、私も受講したのです。
だっておもしろそうだったから(*^^*)

そんで寺島さんが作ってきた説明の図がまたわかりやすい
(さすがや〜)
IMG_2486
一枚の紙を使って折って一部切って
これをこうして…こうじゃ!
て感じで小冊子ができるんですよ奥さん!

私これでミニ絵本作って九州コミティアに出す!
と決めました。

みんなの様子をレポするつもりがガチでラフ切る
いやいやいやいやマジ楽しいわ
IMG_2535
というわけで27日は楽しかったです
このワークショップ
8月24日(木)にオープンアトリエで
やってくれるらしいので
お時間の都合がつくかたはぜひいらしてください
絵本から名刺代わりのプロフィールから
いろいろ作って楽しめますよヽ(=´▽`=)ノ

あっ!29日・30日は福田ワークショップやります!
ぜひご参加ください〜
20170727~仲町イベント2
ちなみに…寺島ヒロさんとはもう30年近いおつきあい
うちに初めて来てもらったアシさんでした
間もなくプロデビューしていろんな仕事で活躍しております
ここでは「寺島さん」って書いたけどリアルは「ヒロちゃん」(*^^*)
ブログランキングに参加しています。よろしくおねがいします。

↑クリック↑
ブログランキングならblogram
↑クリック↑
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
↑クリック↑
↓ こちらもよろしくお願いします。↓
このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

ここんとこ、自分の抱えるキャパバッグがはみ出し気味で
気がつけば、いくつかの掲載情報のアップが遅れておりました。

チェックしながら今回再録されている
「彼女はso happy!」という作品を読み返して
不覚にも泣いてしまうという(^^;)
「15の愛情物語」9月号 メディアックス刊行
20170724-4
20170724-3
名称未設定-1
img015_edited-1

20170724

その不思議ちゃんみたいな彼女は…

「うわぁ、なんだこのキレイ事マンガ!(笑)」

よくレビューやリアルで言われてきた
「キレイ事すぎてリアルじゃない」
「作者はよっぽど世の中を知らない人苦労知らずの人だろう」
って、うん これはアレ言われる作品だな(^^;)

ちょくちょく書くけど
よく言われるんですよ、その言葉
以前はそれが作品としてダメだと言われているようで
少しばかり落ち込んだりやるせないなぁと思ったりしたんですが

最近、再録される作品を読み返したり
自分が好きなマンガや小説を読みながら思ったんですね

「でも好きなんだから仕方ない」

「自分の好き」や表現したいこと
どう変えても変えられない根っこがそれなら
もうほんと仕方ない…と
これを言うと居直りや逃げみたいでいやだったんですけど
(努力はしたのですそれなりに
でも努力した後、グルッと回ってふりだしに戻る)

小学校からマンガ描いてきて今50半ば
なんだかね、ようやっとそれが抵抗なく言えた気がします

ps・「15の愛情物語」9月号雑誌表紙も描かせていただきました
19

このページのトップヘ