ちゃんとモト

「福田素子」は「幹」と「モト」夫婦二人のペンネーム。 ここは二人で管理するブログです。
マンガ絵日記、趣味のイラスト、ねこ話、もちろん仕事のお話も。

カテゴリ:日記 > マンガ

マンガ教室も10年目になります

地元佐伯市でマンガ教室を開いて気がつけば
もうじき10年目になります。
開いた当時に小学校4年生だった生徒さんが
来年成人式ということでびっくりです。

長く通ってくれた生徒さんたちも
進学して大学生になり社会人になり
学生時代のようには来れなくなってきたなと
思って寂しくもあるのですが

遠くでがんばっている様子を知ったり
たまの休みに訪ねてきてくれたり

そして、また
新しい生徒さんがやってきて…

教室の引っ越しや、いろんなことがありながら
必要だと言ってくれる生徒さんがいてくれて
うれしいことだなと思っています

教室の時間は学校のようにずっとではなく
短いですけどその時間に描く様子や育っていく様子を
見ることができて関わることができるのは
贅沢なことだなと

うちのマンガ教室はちょっと変わっているかもしれないです
描くことの技術よりも描くことの楽しさを持ち続けてほしい
そんな場所かなと

「楽しく絵を描きたい」
そう思ったら一度おいでください
一緒に楽しく描きましょう

合同誌も作ったよー(現在5冊くらい?)
37
 地元で生徒さんたち主体で漫画イベントも開催したよー
58 HDR
 

再録
*「一服庵ゆるり譚」第三席目
「15の愛情物語」5月号メディアックス刊行
20160402-7
これは茶道と女性向けテーマを合わせて描く作品であります 
この回は「エイジング…歳を取ること」について描いてみました

今回のお悩み人はこの方
バリバリのしごと人間の彼女
まさかのぎっくり腰
みんなに労られながらも、どこか寂しい
20160402-6
20160402-5
意識しなかった「齢を取る」ということを
いきなり目の前につきつけられたような気分で軽く落ち込む
ある日の休日
乗り換えミスでなんとなく行き着いた先にあったお茶処
店主の百代さんに茶道具の話を聞きながら
ついポロリとこぼしてしまう愚痴
20160402-4
そんな彼女に百代さんは…
20160402-2
20160402-3
作中で百代さんが言っている百代さんのお師匠は
実は私の茶道のお師匠がモデルです(享年92歳)
それはそれはステキな女性で
うちの夫も息子も「デートしたい女性」と言っておりました
20160402
百代さんが言うように、私もお師匠には
茶道以外のことを沢山教えていただきました
主に生き方
そして自分心の支えであり目指す先を照らす灯りのような言葉の数々

お師匠の他にも素晴らしい人生の先輩に出会うことができ
歳を重ねることが嫌でなく、
むしろ楽しもうと思えることは幸せだなと思います

そして作中の百代さんが語るように
この先楽しく生きていくことが、人生の先輩達にいただいたものを
誰かに渡すことになるんじゃないかなと思うと
がんばるぞーっ!と(^^) 

てわけで近年体力落ちて徹夜もできなくなりましたが
気持ちはむしろがんばるぞーっ!なのであります\(^o^)/ 

ちなみにリアル茶道エッセイマンガも
この作品と交互に連載しておりました
(これはいつかホームページで公開できればと思っています)

ツイッターのアカウントを取ったのは早かったんですけど
ほぼ放置状態でした私ですがOfficialアカウントの方を始めてから
ちょっとまじめ(?)にやってます
(以前のアカウントは趣味アカに)
というか今は告知目的といいつつ結構楽しみの一つに(^o^)

デスクワークでほぼ引きこもり状態なので、ツイッターの
やり取りなどで遊んでいただくことも発生してなんか楽しいのです

趣味アカで知り合った方と同人誌作るのに参加させてもらったり
イラスト描かせていただいたり

つい先日はOfficialで出会った方とDMのやり取りでコラボ(?)
その方奥さん子どもさんを溺愛ツイートたくさんの方で
「人様ののろけが好物です」と言う私のアンテナが反応
美味しいお話いっぱーい

ひょんな御縁からその方のエピソードをマンガに描かせて
もらうことに(趣味タイムにちびちびと)

その方のツイートでも紹介していただいたんですが
うちのブログにもアップしていいですか?と聞いたら
「どぞどぞ〜」ということでしたんで
「ゲーム探偵198X【長之介】」さん実話話〜♡
38
51
この方、ほんっともう奥様とラブラブなんで、ツイートがまんま
マンガですわ
(あ、のろけしかツイートしていないとかじゃないですよ
メインはレトロゲームの紹介とかですよ)

というわけで、新しい遊びはおもしろかった〜ヽ(=´▽`=)ノ
 

ロマンス燃料を脳に投下しつつ
ロマンスマンガ作業中

机の横に積まれていくロマンス小説たち

先日のブログ状態からは脱出しまして
ナチュラルにじれったさを堪能しております


こういうシーンには
まだツッコミ入れてしまうです
09
32
うん大事ね言葉は大事

でもね、愛のかけひきはいいけど
試しちゃいかんと思うのは
おばちゃんの恋愛のルールなの 

ロマンスマンガを描くにあたって
ロマンス小説を読みあさっております

私の脳みその中が
「ロマンス脳」に染まらねば
お話は作れてもネームが描けないっつーか

その、けっこう不器用なんすよ
しかもなんというかロマンス脳でない時は
45
 はい、ダメーっ!!

ある時 某編集さんと恋愛ネタで会話していて
上記のようなことを言ったら
「ふくださん、それじゃあ恋愛マンガ全て数ページで終わります…」
と言われたことも

なので今、全力で脳みそをLOVEで染めております 
がんばーーーっ 

昔から怖がりだったんですけど
大人になるにつれてずいぶんマシになりました
自覚あるきっかけとしては

一つは子どもができたこと

なにしろ夜中の授乳が一時間おきくらいでありましたんで
「おばけが」とか怖がっている余裕がなくなりましたね
むしろ寝不足で私がゾンビ状態で
幽霊と遭遇したら幽霊が「あ、ごめん」と言いそうなくらい
24 
そしてもう一つは
実家のアレコレがあった時期に

本当に怖いのは生きている人間だ

と思い知ったことです

それ以来、基本的に怖がりなのは変わらないとして
とりあえず、電気を消して眠れるようになったこと
夜のトイレに一人で行けるようになったこと
超進歩ですヽ(^。^)ノ

夏らしい話題ってことで
40
54
50
知り合いの古い友人のビジュアルとか
どこで仕入れたよ?
しかも知り合いもしゃべったことなかったよね?

でも夫は「ねえから」と言いはっておりますよ 

このページのトップヘ