ちゃんとモト

「福田素子」は「幹」と「モト」夫婦二人のペンネーム。 ここは二人で管理するブログです。
マンガ絵日記、趣味のイラスト、ねこ話、もちろん仕事のお話も。

カテゴリ: お仕事情報

「めちゃコミック」さんから
「15センチの関係~SEXから病まで」配信になりました~

これは去年から半年くらいずっと取り組んで描いていた作品です。

電子描き下ろしでこういう企画が通るとか思ってもみませんでしたが
(思いながらも出すヤツ)思わず機会がもらえたので
楽しく一生懸命描かせていただきました(๑•̀ㅁ•́๑)✧


最終タイトル決まるまで「15センチコミュニケーション」って
タイトルで担当さんとやり取りしていました。


この15センチの関係ってやつ

作中に説明はあるんですけど「パーソナルスペース」の中の
一番短い(近い)距離が(0~15センチ)らしいのです。
これ抱きしめられる距離とか表現されていて、
その関係にある相手ってすごい貴重だよなって思ったのが
タイトルに使おうと思ったきっかけです。

03

主人公の柊二三香(ひいらぎ ふみか)は小さな女性外来を開いていて

診療項目の中にセックスカウセリングも入っているんですね。

で、あまりの童顔のためメガネなんかかけてますが多分ほとんど効果ナシ

そんな二三香の夫の靖也(はるや)は専業主夫

学生時代から「家庭を守って丁寧で豊かな生活を」と専業主夫志願

スペック高いので周囲からは猛反対受けていたのですけど…

12
ハルちゃんの進路 親兄弟の反対を聞かされる二三香
58
思わず…
05
逆プロポーズ?!

幼馴染の二三香とはお互いに人生の良き理解者ということで

早々に結婚するわけです

もう盛大にハグ!いちゃこら!

そしてわかってもらうための努力を重ねてきている二人

47
06

二人は自分たちのものさしでめちゃ幸せなのです。

オトコマエな妻と家事万能のおっとりな夫

この2人のパートナーとしてのあり方と

二三香の病院に来る患者さんのお話しが混ざりながら

パートナーとの対話の必要と女性の病気と身体について
描いた作品です。

一話目は「性交痛」で悩む患者さん に二三香はー
「15センチの関係〜SEXから病まで」
IMG_0735

エッセイマンガ
「後悔しない見送りのためのいくつかのこと」
「私たちの人生片づけvol3〜看取るということ」(宙出版)
に掲載されています。
26
去年の暮れに久々の編集さんから連絡いただき
再録のリストの話をしながら雑談いろいろ。
 
増刊号のテーマが「看取り」ということで
テーマに沿った作品を選びながら
その流れで去年後半で急死した飼い猫タマの話しになり
その前年に母が亡くなった話にまでなって
「もし看取りのこととかエッセイの仕事とかあったら
依頼してね」(笑)と言ったら

「…まさにそれ、今お願いしようと思っていました」
という言葉が。

描き下ろしで描かせていただくことになった
エッセイマンガ。時々Twitterで流れているだろうと思って
ポソッとつぶやいている実家の話から
母の闘病〜見送りの時までを描いています。
58
13
実はこれ、案外さらっと描けると思っていたのですが
改めてそのことを考えて記憶の中をごそごそしていたら
なんか必要以上にさかのぼり自分もしかして
しんどかったのか?ということに気がついてしまい
マンガと関係ないところでジタバタして想像以上に
時間がかかったというおまけ付き。

そのことに気がついたのも
去年タマを亡くしてから自分のある部分の気持ちのガードが
もろくなってしまったからだろうなと思っています。

長いこと「だいじょうぶ」「平気」と口にして
自分でもそう思ってきたことがけっこう
だいじょうぶじゃなかったんだとか今頃わかって
もうホントに、ちょっとおばちゃん困ってますわ(^^;) 

…と書くとなんかすごく重いネタ?と思われそうですけど
ネタが重くてもうちのマンガですから暗くないことをお約束。

「読後少しだけ楽になるようなマンガ描きたいです」
という気持ちで描いたものですので安心してお読み下さい(^^)
52
 

去年の暮れに「新・橘屋繁盛記」最終巻の配信始まりまして
全7巻揃いました。
21
そして引き続き「続・橘屋繁盛記」の配信がスタートすると
編集さんから連絡が入りまして「やったー!」です。
「続・橘屋繁盛記」は82話あるとのことで電子書籍で
全20巻の予定とか。

えっ、そんなに?!

いや、そのくらいになるのか…
 
と言うくらいには長期に渡って描いてきた作品です。

「続・橘屋繁盛記」が最終回を迎えた時に
橘屋について描いた記事がこちらです。

連載終了後、実は自分ちで電子書籍化を計画していましたが
橘屋の担当さんにその話をしたところ編集部の方で電子書籍化を
して下さるという流れになりました。
今回の橘屋の電子書籍化… 正直担当さんの熱意が
形にしてくれたと思っています。

長期連載していると読者の方は「待っていれば単行本が出る」
イメージがあるようですが、残念ながら橘屋は待っていても
単行本は出ないのでした。

なので時々「橘屋の単行本がみつからないです」みたいな
問い合わせがあると申し訳なくて。

でも今は「電子書籍として読むことができます」
とお返事を返せるようになりとても嬉しいのです。

そんなわけで 現在まで出ている「橘屋」の電子書籍
一覧がこちらです↓

「橘屋繁盛記」
全20話・電子書籍で全5巻
(電子書店さんにより全6巻のところもあるようですが
収録内容は同じです)
白泉社「シルキー」にて1992年6月号から1995年まで 
飛び飛び連載
11-COLLAGE
06-COLLAGE
ebookjapanさんはこちら
Kindleはこちら
他、各電子書店さんにて配信中です
「新・橘屋繁盛記」
全23話・電子書籍で全7巻
あおば出版「15の愛情物語」にて
2005年10月号から2007年6月号まで連載
橘屋コラージュ1
橘屋コラージュ2
Kindleはこちら
他、各電子書店さんにて配信中です
「続・橘屋繁盛記」
全81話・電子書籍で全20巻
メディアックス「15の愛情物語」2007年12月号から
2015年9月号まで連載
2017・春から配信スタート予定!

おまけ・橘屋についての過去記事です(2013年)
連載のいきさつと、打ち切りのいきさつなぞ
ご興味ある方はどぞです
「橘屋繁盛期について」

【再録情報】
「恋歌」
「ありがとうの本〜涙の絆」青泉社刊行に
巻頭カラーで掲載されています。
20161221-6 
これは主人公がこの方なんですね。
初老のご婦人。
そしてその息子の嫁と、ごく普通の嫁姑物…
という展開でスタートするのですが…

いやいやいやいや
久しぶりに読み返して
えっなに、これ感動モノじゃなくて
ロマンス物だわよっ!(笑)

という感想をばですね、はい。 
20161221-7
20161221-5
20161221-3
20161221-4
20161221-8

20161221-2
この息子いいヤツなんですわ
母親のこと心配でオヤジが死んだ後は俺が母さんを見る!
とか意気込んで妻と喧嘩までして
そしたら母親に優しく「大きなお世話」扱い(笑)

その後わかっていく義母のことー
すごく久しぶりに読んだので展開を忘れていたおかげで(?)
「え、そうなの?」と美味しい思いをいたしました(^^;)
 
こういうロマンス物の需要とかないかなぁ…
 
ブログランキングに参加しています。よろしくおねがいします。

↑クリック↑
ブログランキングならblogram
↑クリック↑
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
↑クリック↑
↓ こちらもよろしくお願いします。↓
このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

先日Renta!さんで「魔法使いの願い事」
殿堂入りしていたのを見つけて

大変うれしかったのですが改めてみたらレビューも
増えていたのでさらにうれしいふくだです。
15

いろんな意味で思い入れのある作品なので発表から2年経っても
新しく読んでくださる方とかいて、とてもうれしいです。
これは電子描き下ろし作品ですが、
いつでも読んでもらえるという点は電子はいいなぁと思いました。

描き下ろし連載の頃完結したのでミニ漫画描いたのですが
新しく読んで下さった方にもお礼を兼ねて読んでいただければと
再度ご案内です。
ネタバレになるのですがロマンスは基本ハッピーエンドという
お約束だからと了解の上ででしたら本編未読の方にもぜひ読んで
ほんわかしていただければと思います。
53
 続きはこちらから「魔法使いの願い事」ミニ漫画

ちなみに現在配信されているロマンス作品は
ふくだもとこ名義で
25

福田素子名義で
「公爵に恋の罠を」(バーバラ・カートランド原作)
「シークは恋を知らない」(オリジナル)

現在「ハーモニィ」(宙出版)でも「ふくだもとこ」名義で
数作描かせていただいていまして、来月は最新作が載りますので
そちらも読んでいただけるとうれしいです(*^^*)ぜひぜひ〜
掲載の頃には改めて告知なぞ〜 ↓予告カットから
54
あ。「魔法使いの願い事」コミックスも出ています〜\(^o^)/

【お知らせ1】
まずは「続・きりんが丘のココロ屋」1巻配信〜 
33
ずっとお届けしたかった「きりんが丘のココロ屋」の
単行本未収録となっている作品を電子書籍という形ですが
読んでいただけるようになりました。
ebook japanさんにて配信スタートです→こちら
リンク先に試し読みがついています
06

52
42
あののほほんな緑さんのちょっとめずらしいシリアスなシーンとか
で、今回登場のお客さんは↓下の方の「ほぅっ…」って人の方(^^)
19
29

幸せなんだけど、なんとなく…そんな彼女が訪れたココロ屋で…

【ココロ屋・お知らせ2】
「美味しいは幸せにしてくれる」
ebook japanさんから本日スタートの特集
43

この78選の中に「きりんが丘のココロ屋」も入れていただいてます。
41
 「きりんが丘のココロ屋」全巻セット 1800→1260円になっています
なぜグルメ漫画特集に「きりんが丘のココロ屋」が入っているかというと
ココロ屋のお茶とマフィンを食べた人たちがみんなこんな顔になるから?
(↓これはココロ屋のショート作品からのワンシーンです)
48
 【ココロ屋お知らせ・3】
先日FacebookやTwitterで告知しましたが
ふくだもとこHPにて「ココロ屋のアルバム」3話目が
無料公開になっています 
11
【おまけ】
ふくだもとこHPには無料公開作品がいろいろあります
トップにアクセスして→もとちゃん.ネット
12
ギャラリー
のところから読みたいカテゴリを選んで下さい\(^o^)/
無料公開の作品は今後も増やしていく予定ですので
お楽しみにです〜 \(^o^)/

再録
読んだらきっと勇気が出てくる
*「食べじょうず 生きじょうず」
全3話一気掲載

「15の愛情物語」増刊号
「あったか涙の感動レストラン」メディアックス刊行

 
この作品は地元大分は別府で「摂食コミュニケーション」
活動をしていらっしゃる中島知夏子先生を描いた
ドキュメンタリーです。

「食べることは生きること」中島先生の一つのテーマです。

その活動を知ると改めて人は食事の時に
栄養だけでないものをたくさん摂っているのだなと思います
20161004
20161004-2
20161004-5

20161004-4
20161004-3
食べることで、記憶があやふやな認知の方がしゃんとしたり
重度障害のお子さんの表情や行動に変化が起きたり

私は父親が食べることが大好きな人だったのに
寝たきりになってから、入院中に押し込むような食事介助を
されたことや、その後チューブでの食事になったことなどあって
摂食コミュニケーションの活動を知った時に
「もう少し早く知っていたら」…と思ったりもしたものです。

あと、この作品、活動云々もですが
中島知夏子さんという一人の女性の生き方を描いています
ご主人やお子さんとの関わりや仕事に対しての思いなど

難しいお話じゃないです
読んだらきっと元気になって勇気が出てくる作品です。

中島先生がなさっている
NPO「摂食コミュニケーション・ネットワーク」

のサイトはこちらです

ちなみに…
「空への手紙」の取材で出会った先生つながりで
知り合うことになり、この作品を描くことになり
作中に出る「食事塾」であきちゃんとご両親に出会い
「あの輝きの向こう」を描くことになり…

それは、個人的にずいぶん長くおつきあいをしてから
作品にとなるのですが… それこそ以前に書いたことですが
「なにかが動いている」感じでお仕事となっていくのですが
人との出会いやご縁というのはホントに不思議です。 

「空への手紙」 と「あの輝きの向こう」は
電子書籍で読めますのでご興味ある方はぜひぜひです。
「空への手紙」
ebookjapan
Kindle
まんが王国 
「あの輝きの向こう」
Kindle
まんが王国 

このページのトップヘ